Wikipedia 紀貫之

wikipedia 紀貫之

wikipedia 紀貫之



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

紀貫之に関するカテゴリ。 カテゴリ「紀貫之」にあるページ このカテゴリには 6 ページが含まれており、そのうち以下の 6 ページを表示しています。

最終更新 2019年3月7日 (木) 05:15 (日時は個人設定で未設定ならばutc)。; テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。; プライバシー・ポリシー

『土佐日記』(とさにっき)は、平安時代に成立した日記文学のひとつ。紀貫之が土佐国から京に帰る最中に起きた出来事をジョークを交えて綴ったもので、成立は承平5年(934年)頃といわれる。 古くは『土左日記』と表記されていた

紀貫之(従兄弟にあたる)・壬生忠岑と共に『古今和歌集』の撰者となったが、完成を見ずに没した。『古今和歌集』巻16に友則の死を悼む貫之・忠岑の歌が収められている。

紀淑望; 時代: 平安時代前期: 生誕: 不明: 死没: 延喜19年(919年): 官位: 従五位上・大学頭: 主君: 宇多天皇→醍醐天皇: 氏族: 紀氏: 父母: 父:紀長谷雄 兄弟: 淑望、淑人、淑信、淑光、淑行、淑間、淑方、淑久、淑江: 妻: 池田維将娘: 子

 · 平安時代に活躍した 歌人・紀貫之きのつらゆき。 日本の学校では国語の時間、必ずと言っていいほど、彼の和歌について習いますよね。 ですが紀貫之は歌人である以前に、朝廷に仕える役人であったことをご存知でしょうか。 一体、紀貫之とはどんな人物で、どのような人生を送ったの ...

紀氏(きうじ)は、「紀」を氏の名とする氏族。. 大和国 平群県紀里(現在の奈良県 生駒郡 平群町上庄付近)を本拠とした古代 豪族である。 姓は初め臣(おみ)であり、天武天皇13年(684年)八色の姓制定に伴い朝臣へ改姓した。

wikipedia 紀貫之 ⭐ LINK ✅ wikipedia 紀貫之

Read more about wikipedia 紀貫之.

3
4
5

Comments:
Guest
You can't turn back the clock--But you can wind it up again.
Guest

People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.

Guest
Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.
Calendar
MoTuWeThFrStSu