雪国 川端 康成 本文

雪国 川端 康成 本文

雪国 川端 康成 本文



【「雪国」川端康成】国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、「駅長さあん、駅長さあん」明りを ...

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。

 · 川端康成「雪国」の簡単なあらすじをご紹介します。物語は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という有名なフレーズから始まります。十二月、島村は雪国に向かって汽車に乗っていました。彼は自由気ままな生活を送っています。

川端/康成 1899(明治32)年生まれ。1920(大正9)年7月、第一高等学校を卒業、東京帝国大学文学部英文学科に入学(のち、国文科に転科)。

今回は『雪国/川端康成のあらすじと要約』です。数ある名作の中でも「雪国」ほど美しい風景描写と、微妙に揺れ動く心理の哀感を表現した作品は他に思い当たりません。最初にまとめも載せているので、ぜひ純白で精錬された川端康成の最高傑作をお楽しみください!

(『雪国』より引用) 川端康成の作品を読んだことはないけれど、この書き出しだけなら知っている、という人は多いかもしれません。美しい文章の代表例として、たびたび紹介されるこの一文。もちろん本文も美しく、読みごたえのある作品です。

 · 川端康成の雪国はなぜ1ページからじゃなく、5ページからなの? それは、川端康成の「雪国」に限ったことではなく、書籍全般(文庫本も含めて)について、たいてい小説本文(小説本の場合ですが)が始まる最初のページが1ペー...

エドワード・ジョージ・サイデンステッカー(Edward George Seidensticker, 1921年 2月11日 - 2007年 8月26日)は、日本文学作品の翻訳を通して、日本の文化を広く紹介したアメリカ人の日本学者。 より正確には「サイデンスティッカー」だが、親しみをこめて「サイデンさん」などと呼ばれることもある。

雪国 川端 康成 本文 ⭐ LINK ✅ 雪国 川端 康成 本文

Read more about 雪国 川端 康成 本文.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Our deeds determine us, as much as we determine our deeds.
Guest

By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.

Guest
Success has a simple formula--do your best, and people may like it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu