雪国 川端 康成 朗読

雪国 川端 康成 朗読

雪国 川端 康成 朗読



 · 声 : 森由 壱 新潮社:p5 - p11です。 ICHI MOLIWの楽曲がダウンロードできるようになりました!↓ 『Orange.』 【TuneCore】 https ...

 · はじめての朗読です。

川端はこのようなしっとりとした文章を書く作家なので、『雪国』のように人の心理が交錯する様子を描くのが非常に上手いと思います。 最後に. 今回は、川端康成『雪国』のあらすじと内容解説・感想をご紹介しました。

『雪国』を執筆。 開湯900年を超える、文豪川端康成も愛した卵の湯、高半。 900年以上の歴史をもつ天然温泉で、肌がすべすべになると評判で、 「卵の湯」として親しまれている。 川端康成が愛した宿 雪国 …

」の冒頭部分が有名な川端康成の代表作。 雪国の温泉宿を舞台に、妻子のある島村と、土地の芸者である一途な駒子の揺れ動く心の襞を軸に、彼女とも知り合いの美しい葉子への関心と平行しながら描かれ …

朗読cd。川端康成 雪国 / 朗読:加藤剛. 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」 雪深い温泉町という幻想的な舞台。

雪国 audiobook written by 川端康成. Narrated by 榊原忠美. Get instant access to all your favorite books. No monthly commitment. Listen online or offline with Android, iOS, web, Chromecast, and Google Assistant. Try Google Play Audiobooks today!

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。 愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情 ...

【ホンシェルジュ】 川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

【「雪国」川端康成】国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、「駅長さあん、駅長さあん」明りを ...

雪国 川端 康成 朗読 ⭐ LINK ✅ 雪国 川端 康成 朗読

Read more about 雪国 川端 康成 朗読.

9
10
11
12

Comments:
Guest
The right to do something does not mean that doing it is right.
Guest

A bad habit is nothing more than a mistake repeated.

Guest
Elbow grease gives the best polish.
Calendar
MoTuWeThFrStSu