遠藤 周作 神 の 沈黙

遠藤 周作 神 の 沈黙

遠藤 周作 神 の 沈黙



『沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。

第2回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説で遠藤が到達した「弱者の神」「同伴者イエス」という考えは、その後の『死海のほとり』『侍』『深い河』といった小説で繰り返し描かれる主題となった。世界中で13か国語に翻訳され、グレアム・グリーンをして「遠藤は20世紀のキリスト教文学で最も重要な作家である」と言わしめたのを始め、戦後日本文学の代表作として高く評価される。

遠藤文学の頂点『沈黙』が生まれた舞台. 初夏のとある夕暮、遠藤周作は、初めて訪れた長崎の街を格別どこに行くあてもなく、歩いていた。大浦天主堂前の人混みを避け、ぶらぶらするうちに、十六番館という木造の西洋館に行き着く。

この『沈黙』は、だれもが言ったことがあるだろう「神様、助けて」という祈りがなぜ「聞き届けられないか」について、遠藤周作が本気で考え昇華しきった作品です。

神の存在や信仰の在り方に新たな疑問を投げかけたからです。『沈黙』は遠藤周作さん四十三歳の時の作品です。東京から長崎へ何度も通い、丹念 に取材しながら史実をもとに執筆しました。遠藤文学の研究者山根道公さんです。

沈黙(遠藤周作) 沈黙することに何の意味があるのか? 又吉さんが沈黙について書かれていて驚きました。又吉さんもクリスチャン家庭で育ったんですね。 「夜を乗り越える」の中で、宗教や神についてずっと考えていたと書かれてあります。

 · 遠藤周作『沈黙』の映画化によせて 遠藤周作の『沈黙』がスコセッシ監督によって映画化された。 遠藤周作の作品の多くに流れる思想というか考え方は単純だ。 とにかく「弱者が苦しんで苦しみぬいた末に挫折して、悪いことしちゃったって後悔して自己嫌悪して、それでもなんか大いなる ...

遠藤 周作 神 の 沈黙 ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 神 の 沈黙

Read more about 遠藤 周作 神 の 沈黙.

10
11
12

Comments:
Guest
Nostalgia: Life in the past lane
Guest

A good rule to follow is to do unto others as though you were the others

Guest
Truth has only to change hands a few times to become fiction.
Calendar
MoTuWeThFrStSu