赤染衛門 紫式部

赤染衛門 紫式部

赤染衛門 紫式部



赤染衛門(あかぞめえもん、天暦10年(956年)頃? - 長久2年(1041年)以後)は、平安時代中期の女流歌人。大隅守・赤染時用の娘。中古三十六歌仙・女房三十六歌仙の一人。

 · 良妻賢母『赤染衛門』 紫式部が見た赤染衛門の人物像. まずは、赤染衛門がどのような人物だったのか? それを知る上で大きな手掛かりとなるのが『紫式部日記』。 源氏物語で有名な紫式部は、この日記の中で赤染衛門の人物像や和歌の才能に触れています。

 · 赤染衛門ちゃんも、和泉式部と同様に紫式部の同僚で、中宮彰子にお仕えした女房です。 冒頭に出てくる丹波の守、というのは大江匡衡のことで、記されているとおり赤染衛門の夫です。

上東門院彰子の母)に仕え、養父の姓と官職(衛門志)から赤染衛門と呼ばれた。『紫式部日記』には「匡衡衛門」の名で歌人としての評価が見える。夫の親族(一説に姪)であったらしい和泉式部とは何度か歌を贈答し、親しかったことが窺える。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 赤染衛門の用語解説 - 平安時代中期の女流歌人。天徳,応和年間 (957~964) に生れ,長久2 (1041) 年以後没したと推定される。父赤染時用 (ときもち) が右衛門尉であったことからその呼び名が出た。実父は母の前夫平兼盛 (かねもり) ともいう。

赤染衛門(あかぞめえもん)は平安時代中期の女流歌人です。清少納言や紫式部、和泉式部らと同時代の女性で、中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人としても知られています。和泉式部と並び称されるほどの実力を持ち、その歌は現代にも伝わります。

赤染衛門 紫式部 ⭐ LINK ✅ 赤染衛門 紫式部

Read more about 赤染衛門 紫式部.

4
5
6
7

Comments:
Guest
Contentment is contagious.
Guest

Out of the mouths of babes come things parents never should have said.

Guest
Joy is not in what we own...it's in what we are.
Calendar
MoTuWeThFrStSu