谷崎 潤一郎 鍵 青空 文庫

谷崎 潤一郎 鍵 青空 文庫

谷崎 潤一郎 鍵 青空 文庫



「鍵 (谷崎潤一郎)」 文字遣い種別: 新字新仮名: 備考: この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)

谷崎 潤一郎: 作家名読み: たにざき じゅんいちろう: ローマ字表記: Tanizaki, Jun'ichiro: 生年: 1886-07-24: 没年: 1965-07-30: 人物について: 「谷崎潤一郎」 [

Amazonで谷崎 潤一郎の鍵 (中公文庫 (た30-6))。アマゾンならポイント還元本が多数。谷崎 潤一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また鍵 (中公文庫 (た30-6))もアマゾン配送商品なら通常 …

えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:谷崎 潤一郎 作品名:鍵 底本:「鍵」 中公文庫、中央公論社 1973(昭和48)年12月10日 初出:「中央公論」中央公論社、1956(昭和31)年1月、5月~12月 文字遣 …

 · 『鍵 [青空文庫]』(谷崎潤一郎) のみんなのレビュー・感想ページです(1レビュー)。

鍵. 谷崎潤一郎 著. 妻の肉体に死をすら打ち込む男と、死に至るまで誘惑することを貞節と考える妻。性の悦楽と恐怖を限界点まで追求した問題の長篇。〈解説〉綱淵謙錠. 書誌データ. 初版刊行日 1973/12/10; 判型 文庫判; ページ数 244ページ; 定価 本体686円 ...

『鍵』(かぎ)は、谷崎潤一郎の長編小説。読まれることを前提にして書かれた日記をお互い盗み読みする夫婦の愛欲の物語。この日記形式の物語世界を読む者もまた窃視の主体となるという仕掛けの構図を持つ作品である 。谷崎の代表作の一つで、翻訳も世界各国で行われている。たびたび映像化されている作品でもある。

 · 谷崎潤一郎は明治から昭和にかけて活躍した文豪。人々を虜にする妖艶な女性、その女性に翻弄される主人公という構図が多い彼の作品はちょっとアブノーマルな世界観が魅力的です。非日常の刺激を味わえる彼の、青空文庫で読めるおすすめ作品をご紹介します。

 · 著作権の保護期間「70年」で、「青空文庫」で谷崎潤一郎が読めなくなる? 「70年」は米国に有利に働く? 著作権の保護期間は、TPP参加12か国の ...

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

谷崎 潤一郎 鍵 青空 文庫 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 鍵 青空 文庫

Read more about 谷崎 潤一郎 鍵 青空 文庫.

6
7
8
9

Comments:
Guest
Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.
Guest

Some people know lots more than they tell-- Some don't.

Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Calendar
MoTuWeThFrStSu