谷崎 潤一郎 耽美

谷崎 潤一郎 耽美

谷崎 潤一郎 耽美



谷崎潤一郎といえば、誰でもその名を知っている日本を代表する文豪の1人。 耽美派でマゾヒズムなどの様々な愛欲にまみれた情感的な作風のイメージがありますが、谷崎潤一郎が手がけた作品は、耽美小説だけではありません。

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

耽美主義(たんびしゅぎ、英: aestheticism)は、道徳功利性を廃して美の享受・形成に最高の価値を置く西欧の芸術思潮である。これを是とする風潮は19世紀後半、フランス・イギリスを中心に起こり、生活を芸術化して官能の享楽を求めた。1860年頃に始まり、作品の価値はそれに込められた思想やメッセージではなく、形態と色彩の美にあるとする立場である。唯美主義、審美主義とも。

美術人名辞典 - 谷崎潤一郎の用語解説 - 小説家。東京生。一高、東大に進み、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊。『象』『刺青』等の作品で永井荷風に認められ、文壇に登る。震災後関西に移住、『卍』『春琴抄』等谷崎文学の頂点ともいえる作品を著す。

この小説はそんな異様な美しさを放つ公園を舞台とした耽美的ストーリーです。 続きを読む. 谷崎潤一郎のまとめページ 谷崎潤一郎|おすすめ作品|代表作品| 谷崎潤一郎|おすすめ作品|代表作品| 谷崎潤一郎のその他の作品 谷崎潤一郎『鍵』 あらすじ

2018.09.11 作家や偉人のエピソード. 谷崎潤一郎の経歴と性格はどんな人?生い立ちとエピソードが面白い! 芸術的な文章から現在でも評価の高い“耽美主義”の文豪、「谷崎潤一郎」。 最近は漫画やゲームでも登場していますし、彼の名前を知っている方は多いのではないでしょうか。

谷崎潤一郎という人物像 代表作や作風に移る前に切り込む前に、谷崎潤一郎という人物について軽くご紹介させてください。 谷崎の作風は少々癖が強く、誤解を招きやすいので、まずは谷崎について知ってもらい、親近感を持ってもらいたいという配慮 ...

今回は、谷崎潤一郎『春琴抄』のあらすじと内容解説・感想をご紹介しました。 主人のために自分の目をつぶすという、常人には理解できない行為が繰り広げられる作品ですが、異世界をのぞいているようでとても面白いです。

谷崎 潤一郎 耽美 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 耽美

Read more about 谷崎 潤一郎 耽美.

8
9
10

Comments:
Guest
Joy is not in what we own...it's in what we are.
Guest

Gossip: letting the chat out of the bag.

Guest
The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.
Calendar
MoTuWeThFrStSu