谷崎 潤一郎 細雪 舞台

谷崎 潤一郎 細雪 舞台

谷崎 潤一郎 細雪 舞台



『細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の長編小説。1936年(昭和11年)秋から1941年(昭和16年)春までの大阪の旧家を舞台に、4姉妹の日常生活の悲喜こもごもを綴った作品 。阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られ、全編の会話が船場言葉で書かれている。

上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに第二次世界大戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包し、挽歌的な切なさをも醸し出している 。作品の主な舞台は職住分離が進んだため住居のある阪神間(職場は船場)であるが、大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。

上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに第二次世界大戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包し、挽歌的な切なさをも醸し出している 。作品の主な舞台は職住分離が進んだため住居のある阪神間(職場は船場)であるが、大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。

 · かつて文豪・谷崎潤一郎が暮らし、『細雪』の舞台ともなった「倚松庵」(いしょうあん)。神戸市東灘区の住吉川沿いに位置するこの邸宅は現在は中を見学できるようになっていて、当時の暮らしぶりがわかる様々な資料や調度品が展示されています。

「細雪」公演プログラム 1,000円(税込) A4サイズ、カラー写真たっぷりの48ページ。劇場内にて好評発売中。 あらすじ/出演者紹介/蒔岡家四姉妹×酒井喜一郎スペシャル座談会/ 稽古場風景/谷崎潤一郎についてのコラムなど、盛り沢山な内容。

谷崎潤一郎の小説「細雪」は、優美な船場ことば(大阪ことば)ではじまります。 昭和10年代、船場生まれの美しい四姉妹を描いた作品は、その住まいがあったとされる兵庫県芦屋市がメイン舞台となって …

 · 【倚松庵(いしょうあん)】 谷崎潤一郎の旧居。 ここで執筆された代表作にちなんで「『細雪』の家」とも呼ばれる。庵号は夫人の名前「松子 ...

 · この動画はAndroid端末からアップロードされました。

 · 谷崎潤一郎の『細雪』は滅んでいく家を舞台に4姉妹の日常を描いた小説です。衰退していく家を絢爛たる美で包む筆致は他の追随を許しません。哀しみとともに、その華麗さに酔いしれてしまいます。日本人が好む『平家物語』『源氏物語』に通ずる美の系譜です。

今週は「大岡昇平を歩く」をお休みして、谷崎潤一郎の「細雪」を歩いてみました。この「細雪」には仏蘭西系の企業であるmb化学工業会社が雪子のお見合い相手の会社として出てきます。

谷崎 潤一郎 細雪 舞台 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 細雪 舞台

Read more about 谷崎 潤一郎 細雪 舞台.

6
7
8
9

Comments:
Guest
Giant oak trees started out as little nuts that held their ground.
Guest

By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.

Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Calendar
MoTuWeThFrStSu