谷崎 潤一郎 小説

谷崎 潤一郎 小説

谷崎 潤一郎 小説



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

初期は

初期は

谷崎潤一郎は1886年生まれ、1965年没の日本を代表する小説家です。 年号にして明治、大正、昭和をまたにかけ常に第一線で活躍しました。 その文章の美しさと、作品の芸術性において国内外で高い評価を …

Amazonで谷崎 潤一郎の谷崎潤一郎フェティシズム小説集 (集英社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。谷崎 潤一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また谷崎潤一郎フェティシズム小説集 (集英社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

『鍵』(かぎ)は、谷崎潤一郎の長編小説。読まれることを前提にして書かれた日記をお互い盗み読みする夫婦の愛欲の物語。この日記形式の物語世界を読む者もまた窃視の主体となるという仕掛けの構図を持つ作品である 。谷崎の代表作の一つで、翻訳も世界各国で行われている。たびたび映像化されている作品でもある。

谷崎 潤一郎『谷崎潤一郎フェティシズム小説集』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

こんにちは! 今回は文豪と称されながら「和風の純朴小説」から「人の本能を彫刻したような力作」まで、数多くの絶品を世に送り出してきた大作家・谷崎潤一郎のおすすめ作品をランキング形式でご紹介 …

谷崎潤一郎初期の短編小説: 筆者が谷崎潤一郎を初めて読んだのは、まだ高校生の頃だった。「刺青」はじめ短編小説を何本か読んだあと「痴人の愛」を読んだのだが、その濃艶な文体と異様な人間心理の描写に圧倒されながらも、何ともいやな気分に陥り、それ以上読みすすむのを放擲して ...

谷崎 潤一郎 小説 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 小説

Read more about 谷崎 潤一郎 小説.

7
8
9
10

Comments:
Guest
The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.
Guest

A cheerful friend is like a sunny day.

Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Calendar
MoTuWeThFrStSu