谷崎 潤一郎 小説

谷崎 潤一郎 小説

谷崎 潤一郎 小説



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

初期は

初期は

Amazonで谷崎 潤一郎, くまおり 純の谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。谷崎 潤一郎, くまおり 純作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

『秘密』(ひみつ)は、谷崎潤一郎の短編小説。普通の刺戟に飽いてしまった男が美しく女装して町に繰り出したり、再会した昔の女の秘密の住居に目隠しをしたままで赴いたりする物語。

芥川龍之介は、文学賞に名を残す小説の大家だ。にもかかわらず、彼の生き様は決して潔いとは言えない。いや芥川だけではない。太宰治にしても川端康成にしても、小説家はその作品の美しさとは掛け離れた切ない人生を歩むことが多い。芥川が晩年、谷崎潤一郎と繰り広げた「小説の筋論争 ...

究極のマゾ小説!谷崎潤一郎『春琴抄』はどこがすごいの? 純文学のなかでは比較的ストーリーが面白く、読みやすく感じる谷崎作品。80年以上にわたり読み継がれてきた代表作『春琴抄』の、文学作品としての魅力をご紹介します。 ...

谷崎潤一郎が描く妖しい犯罪心理 谷崎潤一郎は江戸川乱歩が心酔していた通り、実に妖しげな香りの犯罪小説を色々と書いていた。谷崎が犯罪小説を書いていた頃、つまり大正の中頃は、谷崎のみならず、芥川龍之介や佐藤春夫も似たような味わいの小説を書いていて、これらは推理探偵小説 ...

『痴人の愛』(ちじんのあい)は、谷崎潤一郎の長編小説。カフェーの女給から見出した15歳のナオミを育て、いずれは自分の妻にしようと思った真面目な男が、次第に少女にとりつかれ破滅するまでを描く物語。 小悪魔的な女の奔放な行動を描いた代表作で、「ナオミズム」という言葉を ...

『鍵』(かぎ)は、谷崎潤一郎の長編小説。読まれることを前提にして書かれた日記をお互い盗み読みする夫婦の愛欲の物語。 この日記形式の物語世界を読む者もまた窃視の主体となるという仕掛けの構図を持つ作品である 。 谷崎の代表作の一つで、翻訳も世界各国で行われている。

文庫本で約30ページという、異例の短さの探偵小説『途上』。 今回は、谷崎潤一郎『途上』のあらすじと内容解説、感

『卍』(まんじ)は、谷崎潤一郎の長編小説。両性愛の女性と関係を結ぶ男女の愛欲の物語。2組の男女の関係が交錯する「卍」模様の倒錯的な愛が大阪弁によって描かれている 。. 雑誌『改造』の1928年(昭和3年)3月号から翌1929年(昭和4年)4月号、6月号から10月号、12月号、1930年(昭和5年)1 ...

谷崎 潤一郎 小説 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 小説

Read more about 谷崎 潤一郎 小説.

7
8
9
10

Comments:
Guest
The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.
Guest

A cheerful friend is like a sunny day.

Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Calendar
MoTuWeThFrStSu