谷崎 潤一郎 小さな 王国

谷崎 潤一郎 小さな 王国

谷崎 潤一郎 小さな 王国



『小さな王国』は谷崎作品にしては少し毛色の変わった小説ですね。 まだまだ無邪気な、小学校五年生たち。 五十人の少年たちの世界でこういう支配、被支配関係ができてしまうこの小説は、心理学的、文化人類学的な観点から読んでも面白いでしょう。

小さな王国 タイトルよみ (titleTranscription) チイサナ オウコク 著者 (creator) 谷崎潤一郎 著 著者標目 (creator:NDLNA) 谷崎, 潤一郎, 1886-1965 著者標目よみ (creatorTranscription:NDLNA) タニザキ, ジュンイチロウ 出版地 (publicationPlace) 東京 出版者 (publisher) 天佑社

《付記》「小さな王国」本文は『谷崎潤一郎全集』第六巻(昭和四二・四 中央公論社)に拠る。但し引用に際して旧字体を新字体に改める等の改変を適宜施した。 《註》 *1伊藤整「解説」(中央公論社版『谷崎潤一郎全集』第六巻 昭和三三・六)

谷崎潤一郎「小さな王国 」 は、小学五年生を受け持つ教師貝島の 学 級に 転入 して き た沼 倉と い う一 人の 子ど もが、 貝 島が 教室 内 にお い て 有 し て い た 権 威 を 巧 妙 に 奪 取 し て い く 様 を 描 い た 物 語 で あ る。 こ の 作 品 は 大 正 ...

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

この本には「市民社会の小さな王国」という一章があり、谷崎潤一郎の『小さな王国』という短編小説が引用されている。 それは(柄谷さんにとっては)とても重要なものであるらしく、(『日本精神分析』は)その谷崎の短編小説を、資料として丸ごと ...

谷崎 潤一郎 小さな 王国 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 小さな 王国

Read more about 谷崎 潤一郎 小さな 王国.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
It's easy to tell when you've got a bargain...it doesn't fit.
Guest

Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.

Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Calendar
MoTuWeThFrStSu