谷崎 潤一郎 刺青 朗読

谷崎 潤一郎 刺青 朗読

谷崎 潤一郎 刺青 朗読



 · 作:谷崎潤一郎朗読:佐藤慶初出:「新思潮」第3号 1910年(明治43年)11月

 · 腕利きの刺青師・清吉の宿願は、 美女の肌へ己の魂を刻み込むこと。 ある日、駕籠から覗く足だけを見た女こそが、自分が探し求める女だと ...

 · 1910年(明治43年)11月、第二次『新思潮』に掲載された。

 · 谷崎潤一郎の筆はこちらが突き刺されるほどに すばらしい!!!-----... それはまだ人々が「愚」と云う貴い徳を持っていて.....世間がのんびりしてい ...

 · 【朗読】谷崎潤一郎 『刺青』 [ラジオ] 多くの人々が刺青をしていた頃、清吉という、元浮世絵師だった若い刺青師がいた。清吉は美女の体に...

 · 谷崎潤一郎 『刺青』(朗読:佐藤慶) [エンターテイメント] 明治43年発表。朗読は佐藤慶。今までに作ったもの→mylist/23276427

谷崎 潤一郎 刺青 朗読 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 刺青 朗読

Read more about 谷崎 潤一郎 刺青 朗読.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
School is a building that has four walls--with tomorrow inside.
Guest

Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.

Guest
It is better to hold out a hand than to point a finger.
Calendar
MoTuWeThFrStSu