谷崎 潤一郎 刺青 朗読

谷崎 潤一郎 刺青 朗読

谷崎 潤一郎 刺青 朗読



 · 作:谷崎潤一郎 朗読:佐藤慶 初出:「新思潮」第3号 1910年(明治43年)11月

谷崎潤一郎の処女作で、1984年には映画化されている名作です。新潮社から出ている谷崎潤一郎『刺青・秘密』という文庫には、『少年』『幇間(ほうかん)』等の初期作品を中心に7作品が収録されています。注釈が詳しいのでおすすめです。

 · 谷崎潤一郎「吉野葛」(朗読:平幹二朗) - Duration: 2:08:03. 桔梗刈萱 Η ΑΛΗΘΕΙΑ ΕΛΕΥΘΕΡΩΣΕΙ ΥΜΑΣ 58,131 views 2:08:03

『刺青』若い刺青師清吉は、麻酔で眠らせた無垢な少女の肌に女郎蜘蛛を彫り、長年の宿願を果そうとする。人間の倒錯的な心理をあざやかな文体で描いた代表的短編。『秘密』変装し街中を放浪するという秘かな楽しみを持つ“私”が、ある時

 · 谷崎潤一郎 『刺青』(朗読:佐藤慶) [エンターテイメント] 明治43年発表。朗読は佐藤慶。今までに作ったもの→mylist/23276427

 · 【朗読】谷崎潤一郎 『刺青』 [ラジオ] 多くの人々が刺青をしていた頃、清吉という、元浮世絵師だった若い刺青師がいた。清吉は美女の体に...

底本の親本:「谷崎潤一郎全集 第一巻」中央公論社 1981(昭和56)年5月25日 初出:「新思潮」 1910(明治43)年11月号 ※表題は底本では、「 刺青 ( しせい ) 」となっています。 ※底本は新字新仮名づかいです。なお旧字の混在は、底本通りです。

カテゴリ一覧 夏目漱石 谷崎潤一郎 日本神話 読書の記録 おすすめ記事 谷崎潤一郎の作品 細雪 少年 鍵 魔術師 人面疽 母を恋ふる記 富美子の足 夢の浮橋 夏目漱石の作品 それから 日本神話 イザナギ イザナ …

『刺青』(しせい)は、谷崎潤一郎の短編小説。谷崎本人が処女作だとしている短編で 、皮膚や足に対するフェティシズムと、それに溺れる男の性的倒錯など、その後の谷崎作品に共通するモチーフが見られる初期の作品である 。 1910年(明治43年)11月、同人誌の第二次『新思潮』第3号に掲載 ...

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

谷崎 潤一郎 刺青 朗読 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 刺青 朗読

Read more about 谷崎 潤一郎 刺青 朗読.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
School is a building that has four walls--with tomorrow inside.
Guest

Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.

Guest
It is better to hold out a hand than to point a finger.
Calendar
MoTuWeThFrStSu