谷崎 潤一郎 全集 目次

谷崎 潤一郎 全集 目次

谷崎 潤一郎 全集 目次



『谷崎潤一郎全集』全30巻(中央公論社、1981.5~1983.11) 第1巻 1981.5.25 誕生…………………………………………… 1

谷崎生誕130周年と中央公論創業130周年を記念して、その豊かな世界を網羅した、決定版「谷崎潤一郎全集」をお届けいたします。 中央公論新社 谷崎潤一郎が没して早50年。

谷崎潤一郎全集. 第二十二巻. 谷崎潤一郎 著. 死に至る限界まで妻の肉体にうちこむ夫を描いた問題作「鍵」、継母への憧れと夭折した生母への思慕から二人を意識の中で混同させてゆく主人公「夢の浮橋」など、円熟期の傑作を収載。

谷崎潤一郎全集. 第30巻 出版者 中央公論社 出版年月日 1959 請求記号 918.6-Ta893t2 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000000953675 DOI 10.11501/1664572 公開範囲 国立国会図書館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book タイトル (title) 谷崎潤一郎全集

谷崎潤一郎(1886-1965年)は、小説家。この本は全二十六巻から成る文豪谷崎の全集である。新字旧かなを採用。第一巻には谷崎の初期短編を収録している。単行本未収作品もあり貴重である。

Webcat Plus: 谷崎潤一郎全集, 晩年の日常と創作状況がわかる「日記」、新聞や雑誌のインタビューに答えたものを中心に編纂した「記事」、そして「参考」として妻松子が記録した「主おもむろに語るの記」「十八公日記」など、未発表資料を多数収載。充実の「年譜」「著作目録」「著書目録 ...

『谷崎潤一郎全集』全30巻(中央公論社、1981.5~1983.11)

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

 · 『谷崎潤一郎全集』全30巻(1981-1983・中央公論社) 『谷崎潤一郎全集 第23巻』1983年451頁目次(収録作品)(実際は旧漢字だが新漢字に改める)序跋・雑篇羹前書羹後書羹序甍序麒麟序酒創作前後の気分多...

『谷崎潤一郎全集』全30巻(1981-1983・中央公論社) 『谷崎潤一郎全集 第22巻 随筆小品』1983年526頁目次(収録作品)(実際は旧漢字だが新漢字に改める)随筆小品「夜の宿」と「夢介と僧と」とそぞろごと人の親を観て劇...

谷崎 潤一郎 全集 目次 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 全集 目次

Read more about 谷崎 潤一郎 全集 目次.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Do not neglect to show hospitality to strangers, for thereby some have entertained angels unawares.
Guest

Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.

Guest
Doing you best is more important than being the best.
Calendar
MoTuWeThFrStSu