谷崎 潤一郎 人面疽

谷崎 潤一郎 人面疽

谷崎 潤一郎 人面疽



目次あらすじアメリカ帰りの女優、歌川百合枝 あらすじ アメリカ帰りの女優、歌川百合枝 歌川百合枝は、最近アメリカから日本に帰ってきたばかりの映画女優です。 百合枝は欧米の女優にも負けないぐらい、たっぷりした滑らかな肢体と ...

大正活映による谷崎潤一郎「人面疽」映画化の試みを視座として、作品の批評性=〈純映画劇〉的可能性を分析した。同時代ハリウッドを反映した作中映画「執念」は一方で、欧米上位のイデオロギーを転倒させる意を孕んでいた。

谷崎潤一郎「人面疽」における〈純映画劇〉的可能性:――大正活映による映画化の試みを手がかりとして―― 佐藤 未央子 日本文学 63(12), 22-32, 2014

谷崎潤一郎の『人面疽』論 : 大衆文化として の「映画劇」の成立と谷崎潤一郎 著者 張 栄順 雑誌名 文学研究論集 号 17 ページ 141(66)-154(53) 発行年 2000-03 その他のタイトル Junichiro Tanizaki's Jinmenso : A Study of the Film Story as a Mass Culture

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

谷崎潤一郎 『人面疽』 『人面疽』 は大正7(1918)年に発表された短編小説。 無声映画全盛時代の話だが、当時、このような映画製作方法が一般的だったのかどうか知らないけれども、あり得ることでは …

谷崎潤一郎の怖い話です。 創元推理文庫の日本怪奇小説傑作集で読みました。短編です。 女優の歌川百合枝は、自分が主人公となっている神秘劇が新宿、渋谷のあまり有名でない常設館に上場されて、東京都の場末をぐるぐる回っているという噂をファンを通して知った。

谷崎潤一郎はこの素朴な怪談をモダンなホラーストーリーとして焼直した。 それが大正7年(1918)発表の短編「 人面疽 」だ。 最初に読んだときからずっと気になってた作品なので、ストーリーに立ち入りながら紹介してみたい。

 · 潤一郎ラビリンス〈11〉銀幕の彼方(これに入っています) 純文学っぽくないので面白く読める作品です。 ある映画女優が、自分… 谷崎潤一郎 『人面疽』 | かきかたノート

一作として谷崎の「人面疽」で映画の芸術的可能性を論じていた谷崎潤一郎を脚本家に採用、第 (「新小説」 23 ―3、大7・3・1、春陽堂。 初収は『二人の稚児』大7・8・ 21、春陽堂) の映画化を試みた …

谷崎 潤一郎 人面疽 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 人面疽

Read more about 谷崎 潤一郎 人面疽.

5
6
7
8

Comments:
Guest
If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.
Guest

In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.

Guest
Better to be square than to move in wrong circles.
Calendar
MoTuWeThFrStSu