谷崎 潤一郎 人面疽

谷崎 潤一郎 人面疽

谷崎 潤一郎 人面疽



目次あらすじアメリカ帰りの女優、歌川百合枝 あらすじ アメリカ帰りの女優、歌川百合枝 歌川百合枝は、最近アメリカから日本に帰ってきたばかりの映画女優です。 百合枝は欧米の女優にも負けないぐらい、たっぷりした滑らかな肢体と ...

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

谷崎潤一郎氏に 人面疽 ( じんめんそ ) のことを書いた物語がある。 其の原稿はある機会から私の手に入って今に保存されているが、何んでも活動写真の映画にあらわれた女のことに就いて叙述したもので、文学的にはさして意味のあるものでもないが、材料が頗る珍奇であるから、これは何 ...

谷崎潤一郎 『人面疽』 『人面疽』 は大正7(1918)年に発表された短編小説。 無声映画全盛時代の話だが、当時、このような映画製作方法が一般的だったのかどうか知らないけれども、あり得ることでは …

谷崎潤一郎の怖い話です。 創元推理文庫の日本怪奇小説傑作集で読みました。短編です。 女優の歌川百合枝は、自分が主人公となっている神秘劇が新宿、渋谷のあまり有名でない常設館に上場されて、東京都の場末をぐるぐる回っているという噂をファンを通して知った。

谷崎潤一郎はこの素朴な怪談をモダンなホラーストーリーとして焼直した。 それが大正7年(1918)発表の短編「 人面疽 」だ。 最初に読んだときからずっと気になってた作品なので、ストーリーに立ち入りながら紹介してみたい。

潤一郎ラビリンス〈11〉銀幕の彼方(これに入っています) 純文学っぽくないので面白く読める作品です。 ある映画女優が、自分… 谷崎潤一郎 『人面疽』 | かきかたノート

 · 大正7(1918)年3月に『新小説』に発表された作品とのことです。 この作品が書かれた時代の映画はまだ”無声”で、その雰囲気がわからないと ...

映画の謎 さてこのような内容の映画らしいのですが、普通の映画とはちょっと違います。 当時の映画は、通常映画の初めに原作者並びに、舞台監督の姓名と、主要な役者の本名と役割が書かれた番付が現れます。 しかし不思議なことに、こ ...

『瘋癲老人日記』(ふうてんろうじんにっき)は、谷崎潤一郎の長編小説。息子の嫁に性欲を覚える不能老人の性倒錯(脚フェティシズム)が身辺雑記の日記形式で綴られた作品 。 『中央公論』1961年(昭和36年)11月から1962年(昭和37年)5月まで連載。 1962年(昭和37年)5月に中央公論社から ...

谷崎 潤一郎 人面疽 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 人面疽

Read more about 谷崎 潤一郎 人面疽.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Guest

A handful of patience is worth more than a bushel of brains.

Guest
To disagree, one doesn't have to be disagreeable.
Calendar
MoTuWeThFrStSu