菊池 寛 将棋

菊池 寛 将棋

菊池 寛 将棋



底本:「日本の名随筆 別巻8 将棋」作品社 1991(平成3)年10月25日第1刷発行 底本の親本:「菊池寛全集 第一四巻」中央公論社 1938(昭和13)年6月 入力:土屋隆 校正:門田裕志 2006年3月20日作成 青空文庫作成ファイル:

底本:「日本の名随筆 別巻8 将棋」作品社 1991(平成3)年10月25日第1刷発行 底本の親本:「菊池寛全集 第一四巻」中央公論社 1938(昭和13)年6月 入力:土屋隆 校正:門田裕志 2006年3月20日作成 青空文庫作成ファイル:

 · 「将棋愛好家の著名人」と聞くと皆さん誰を思い浮かべますか? 今回いつつブログで取り上げるのは、「将棋愛好家の著名人」の中でも重鎮中の重鎮菊池寛です。「菊池寛全集 第十四巻」(中央公論社)には「将棋」というタイトルの随筆が収録されています。

 · No.18:菊池寛の将棋駒 文/矢島裕紀彦 菊池寛は文壇屈指の将棋愛好家だった。1日数回、盤の前に座す。対する相手のない時は、ひとり古今の名局の棋譜をたどった。寛は綴る。 「凡(およ)そ、あらゆる勝負事の中で、将棋ほど、テキパキして居るものはないだろう。勝は飽くまで勝である ...

菊池 寛: 作家名読み: きくち かん: ローマ字表記: Kikuchi, Kan: 生年: 1888-12-26: 没年: 1948-03-06: 人物について: 1888年12月26日香川県高松市生まれ。京都大学在学中、第三次、第四次「新思潮」に参加。

また、「文藝春秋」や「オール讀物」を創刊し、文壇きっての将棋愛好家でもあった菊池寛も「人生は一番勝負なり、指し直すこと能わず」という名言や、将棋にまつわる数々のエッセイ、そして小説を残しています。

菊池 寛 将棋 ⭐ LINK ✅ 菊池 寛 将棋

Read more about 菊池 寛 将棋.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Guest

A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.

Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Calendar
MoTuWeThFrStSu