芥川 龍之介 鼻 レポート

芥川 龍之介 鼻 レポート

芥川 龍之介 鼻 レポート



古典物語を改変した芥川龍之介『鼻』にみられる人間の深層心理を、芥川龍之介に影響を与えた人物や同作者の作品、彼の古典文学に対する見解、など様々な概念や角度から詳しく分析し、深く掘り下げていく。 芥川龍之介『鼻』 [あらすじ]池尾の高僧・禅智内供は、人並みはずれた長鼻の ...

底本:「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年9月24日第1刷発行 1997(平成9)年4月15日第14刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 初出:「新思潮」

★芥川龍之介短編小説シリーズ ・題名 『鼻』 ・新潮社 新潮文庫 ・昭和 43年7月発行

私は、芥川龍之介『鼻』はこういうお話かな、と読む前に思っていました。 長い鼻を持った人がいったん短くなるけれど、結局元の鼻に戻ると知っていたからです。 いつもの自分の生活がいちばんすばらしい。そんな教訓の小説だと思っていました。

 · 「鼻」芥川龍之介、です。 なぜか? 短いから。 で、息子が置いといた本をちょっと懐かしいなぁ、と手にとってみた、ら、いろいろ考えさせられちゃった!

今回は人物画ですね。国語の授業で扱っているのは芥川龍之介の『鼻』。物語の主人公の禅智内供が描かれています。 さすが、題名が鼻だけあって、内供の鼻はとても個性的ですね。 濱中先生が内供の絵を描くと、思わず生徒達からも笑いの声が…。

『鼻』は芥川龍之介の代表作の一つであり、読書感想文の定番本と言えます。『鼻』は扱っているテーマが顔ということでなんとなく取っつきやすく、読書への抵抗感が少ない感想文を書くには大変オススメの小説です。 こちらでは主に、小学校高学年から中学生、高校生が1200字、1600字、2000 ...

芥川龍之介の鼻という小説について、主題としてあげるとしたら何でしょうか?内供の鼻が短くなった時の周囲の冷たい反応は、 人が不幸な境遇から抜け出したのを素直に喜べない人間のエゴであり、それは現代の私達にも通じるところがあるような気がします。鼻が長くなって、はればれし ...

芥川 龍之介 鼻 レポート ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 鼻 レポート

Read more about 芥川 龍之介 鼻 レポート.

7
8
9
10

Comments:
Guest
In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.
Guest

Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.

Guest
There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.
Calendar
MoTuWeThFrStSu