芥川 龍之介 蜃気楼

芥川 龍之介 蜃気楼

芥川 龍之介 蜃気楼



「蜃気楼」(しんきろう)は、芥川龍之介の短編小説。初出は『婦人公論』1927年3月号。芥川が自殺する半年前に書かれた作品で、当時芥川をはじめとした文学者たちが逗留することで知られた 湘南の鵠沼を舞台とし、主人公の「僕」が「芋粥」という短編を書いているなど私小説的な雰囲気が色濃い。

また志賀直哉の『焚火』の影響を受けているという指摘が複数ある 。 副題は「或は『続海のほとり』」。『海のほとり』は1925年の芥川の短編で、やはり「僕」が友人と海辺をふらつくという物語である。

或秋の 午頃 ( ひるごろ ) 、僕は東京から遊びに来た大学生のK君と一しょに 蜃気楼 ( しんきろう ) を見に出かけて行った。 鵠沼 ( くげぬま ) の海岸に蜃気楼の見えることは 誰 ( たれ ) でももう知っているであろう。 現に僕の 家 ( うち ) の女中などは逆まに舟の映ったのを見 ...

『蜃気楼』には ――或は「続海のほとり」――という副題がついている。正篇の『海のほとり』は1925(大正14)年8月7日に脱稿した作品で、『中央公論』9月号に発表され、『芥川龍之介全集』には収められており、青空文庫などで読むことができる。

芥川龍之介の掌編小説『蜃気楼 --或は「続海のほとり」--』を読んだ。もう何回目になるのかな。話が短いからすぐに読める。 この小説が好きで、かつて原稿用紙に一篇まるごと視写したことがある。小説を書き写す行為は読むだけと違って、芥川が執筆しているような気分になれる魅力的な ...

一 或秋の午頃(ひるごろ)、僕は東京から遊びに来た大学生のK君と一しょに蜃気楼(しんきろう)を見に出かけて行った。鵠沼(くげぬま)の海岸に蜃気楼の見えることは誰(たれ)でももう知っているであろう。現に…

芥川 竜之介『蜃気楼 (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約16件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

 · ★ 青空永音チャンネルへお越しいただき、有難うございます。 芥川龍之介作、「蜃気楼」をお届けします。 ~~~~~~~ <吉田精一氏の解説 ...

河童・或阿呆の一生 (新潮文庫)/芥川 龍之介 本作品は6の短編からなり、そのうちの1つが以下の「蜃気楼」である。 ¥380 Amazon.co.jp 1.あ…

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川 龍之介 蜃気楼 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 蜃気楼

Read more about 芥川 龍之介 蜃気楼.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Nostalgia: Life in the past lane
Guest

Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.

Guest
The only good thing about free advice is that the price is right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu