芥川 龍之介 秋 あらすじ

芥川 龍之介 秋 あらすじ

芥川 龍之介 秋 あらすじ



『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。

底本:「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:野口英司 1998年5月20日公開 2004年2月8日修正 青空文庫作成ファイル:

『舞踏会』(ぶとうかい)は、芥川龍之介の短編小説(掌編小説)。ピエール・ロティ著『秋の日本』の中の一章「江戸の舞踏会」に着想を得た作品である 。 明治19年の天長節の晩、鹿鳴館で催された大夜会に招かれた娘が、あるフランス人海軍将校に踊りを申し込まれ、2人で美しく儚い花火 ...

 · 芥川龍之介「鼻」のあらすじをご紹介します。物語は五十を越えた老僧の特徴を紹介するシーンから始まります。池の尾の僧である禅智内供(ぜんちないぐ)は、約15センチもの長さもある鼻を持っています。そのため、人々にはからかわれ馬鹿にされる日々でした。

芥川龍之介『秋』のあらすじや感想。 26 views 『老人と海』のあらすじ、解説、感想とかとか。 15 views 『オツベルと象』のあらすじや主題など。 15 views; 芥川龍之介の年表と作品一覧をつくってみた。 12 views 『桜の樹の下には』のあらすじ、解説、感想とか ...

『鼻』は夏目漱石が称賛したことで有名な芥川龍之介の作品です。上品なユーモアのある作風が漱石の心を快くくすぐったのでしょう。ここではそんな『鼻』のあらすじから解説・感想をまとめました。

芥川 龍之介 秋 あらすじ ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 秋 あらすじ

Read more about 芥川 龍之介 秋 あらすじ.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Anyone who thinks there's safety in numbers hasn't looked at the stock market pages.
Guest

Love conquers all, except poverty and toothache.

Guest
Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.
Calendar
MoTuWeThFrStSu