芥川 龍之介 神々 の 微笑み

芥川 龍之介 神々 の 微笑み

芥川 龍之介 神々 の 微笑み



底本:「芥川龍之介全集4」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年1月27日第1刷発行 1993(平成5)年12月25日第6刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama

『神神の微笑』(かみがみのびしょう)は、芥川龍之介の小説。1922年(大正11年)に『新小説』にて発表された。芥川の小説のジャンル「切支丹物」のひとつ。宣教師・オルガンティーノが、記紀神話の神から、「外国から伝来した文化を元に、独自の文化を作り上げる」日本人の特性を学ぶというストーリー。いわば「日本人論」をモチーフにした作品である。

Amazonで芥川 竜之介の神神の微笑。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房 1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行 1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行 入力:土屋隆 校正:松永正敏 2007年6月26日作成 青空文庫作成ファイル:

芥川龍之介「神々の微笑」への前書き ... の時期( 1910 - 1940 年代前半)は日本文學の一黄金時代であって,有島武郎,谷崎潤一郎,芥川龍之介,中島敦,太宰治ら數多の卓出した作家は,小説の概念を單なる讀み物から藝術の域にまで高める努力をしまし ...

芥川龍之介『神々の微笑』を読む。(神様たち、微笑っていうよりは爆笑してるのでは?)と思った。あと天照大神が「おおひるめむち」という別名だということを知った。またひとつ賢くなってしまったことであるよ。 — KKc (@KiKuchatnoir) 2015, 5月 19

芥川龍之介「神神の微笑」と大正期の文化意識 : 欧州大戦以降の〈日本的なもの〉の表象 (特集 文学テクストの時代性・多様性) 河田 和子 九大日文 (30), 34-47, 2017-10-01

芥川龍之介が「神々の微笑」と題し、今から90年前(大正11年)に上記内容の短編を発表している。デフレに苦しみ、国際化の波浪に翻弄される日本丸にとって今もなお道標となるべき洞察が …

芥川のキリスト教観の展開過繩を切支丹物にのみ限って分類して ① みると次のようになる。 ⑧初期の作砧(切支丹を南蛮趣味、異国趣味、・異端的対象と認め 芥川龍之介のキリスト教観 …

芥川 龍之介 神々 の 微笑み ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 神々 の 微笑み

Read more about 芥川 龍之介 神々 の 微笑み.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Guest

There is only one pretty child in the world, and every mother has it.

Guest
It's always a good idea to seek the advice of others, but that doesn't mean you have to take it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu