芥川 龍之介 短編 秋

芥川 龍之介 短編 秋

芥川 龍之介 短編 秋



『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。 1920年(大正9年)、雑誌『中央公論』4月号に掲載され、翌年1921年(大正10年)3月14日に新潮社より刊行の『夜来の花』に収録された。

『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。 1920年(大正9年)、雑誌『中央公論』4月号に掲載され、翌年1921年(大正10年)3月14日に新潮社より刊行の『夜来の花』に収録された。

芥川龍之介は

芥川龍之介は

底本:「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:野口英司 1998年5月20日公開 2004年2月8日修正 青空文庫作成ファイル:

『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。

 · しみじみと、文学作品を朗読したいなぁ~と、大好きな芥川龍之介を検索したところ 今のこの季節にぴったりな作品と出会いました。 Skip navigation

 · 芥川龍之介の『トロッコ』。私は模写をおすすめしているくらい、小説家志望者の皆様には必読の作品と思っております。短い作品ながら、情景描写や状況描写心理描写がたくみに塗り込められているからです。主人公の気持ちと時間の流れのマッチも見事です。

芥川龍之介の短編「秋」は、芥川が現代を積極的に題材として扱い、 のロマンチシズム提唱論に端を発したリアリズム対ロマンチシズムの論という術語の持つ印象がどのようなものだったのかを通覧する。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

戯作三昧・一塊の土 (新潮文庫)/芥川 龍之介本作品は13の短編からなり、そのうちの1つが以下の「秋」である。¥420Amazon.co.jp<概要>本作品は…

芥川 龍之介 短編 秋 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 短編 秋

Read more about 芥川 龍之介 短編 秋.

2
3
4
5

Comments:
Guest
Tact is the ability to close your mouth before someone else wants to.
Guest

Success has a simple formula--do your best, and people may like it.

Guest
Doing you best is more important than being the best.
Calendar
MoTuWeThFrStSu