芥川 龍之介 煙草 と 悪魔

芥川 龍之介 煙草 と 悪魔

芥川 龍之介 煙草 と 悪魔



『煙草と悪魔』(旧字『煙草と惡魔』、たばことあくま)は、芥川龍之介の短編小説。1916年(大正5年)11月に『新思潮』誌上にて発表された。. 同名の単行本は1917年に新潮社より出版された。 芥川の小説におけるジャンル「切支丹物」のひとつ。

芥川龍之介 煙草 ( たばこ ) は、本来、日本になかつた植物である。 では、 何時 ( いつ ) 頃、舶載されたかと云ふと、記録によつて、年代が一致しない。

現代日本文学大系 43 芥川龍之介集 煙草 ( たばこ ) は、本来、日本になかつた植物である。 では、 何時 ( いつ ) 頃、舶載されたかと云ふと、記録によつて、年代が一致しない。

『煙草と悪魔』は芥川龍之介が1916年 に「新思潮」上に著した短編小説です。『羅生門』だの『鼻』だのといった作品と同じ時期に書かれた、かなり芥川龍之介最初期の作品になりますね。 『南京と基督』などに代表される芥川ジャンル「切支丹物」のひとつです。

目次> 煙草と悪魔--1916 . 煙草と悪魔--芥川龍之介 煙草(たばこ)は、本来、日本になかつた植物である。 では、何時(いつ)頃、舶載されたかと云ふと、記録によつて、年代が一致しない。 煙草は、悪魔がどこからか持つて来たという伝説がある。

芥川龍之介 伴天連 ( ばてれん ) うるがん の眼には、 外 ( ほか ) の人の見えないものまでも見えたさうである。 殊に、人間を誘惑に来る地獄の悪魔の姿などは、ありありと形が見えたと云ふ、―― うるがん の青い 瞳 ( ひとみ ) を見たものは、誰で ...

芥川 龍之介 煙草 と 悪魔 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 煙草 と 悪魔

Read more about 芥川 龍之介 煙草 と 悪魔.

3
4
5

Comments:
Guest
Some people have eyes that see not and ears that hear not, but never tongues that talk not.
Guest

If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.

Guest
Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.
Calendar
MoTuWeThFrStSu