芥川 龍之介 海 の ほとり

芥川 龍之介 海 の ほとり

芥川 龍之介 海 の ほとり



底本:「芥川龍之介全集6」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年3月24日第1刷発行 1993(平成5)年2月25日第6刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第三巻」筑摩書房 1971(昭和46)年 初出:「中央公論」 1925(大正14)年9月

「蜃気楼」(しんきろう)は、芥川龍之介の短編小説。初出は『婦人公論』1927年3月号。芥川が自殺する半年前に書かれた作品で、当時芥川をはじめとした文学者たちが逗留することで知られた 湘南の鵠沼を舞台とし、主人公の「僕」が「芋粥」という短編を書いているなど私小説的な雰囲気が色濃い。また志賀直哉の『焚火』の影響を受けているという指摘が複数ある 。 副題は「或は『続海のほとり』」。『海のほとり』は1925年の芥川の短編で、やはり「僕」が友人と海辺をふらつくという物語である。

芥川 竜之介『海のほとり (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約11件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

海のほとり 芥川龍之介 ... にS村へ出る途は高い砂山の裾をまはり、丁度海水浴區域とは反對の方角に向つてゐた。海は勿論砂山に隱れ、浪の音もかすかにしか聞えなかつた。 ...

えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:芥川 竜之介 作品名:海のほとり 底本:「芥川龍之介全集6」 ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年3月24日 初出:「中央公論」1925(大正14)年9月 文字遣 …

#芥川龍之介#朗読#海のほとり

「海のほとり」 芥川(ぼく)がm(久米正雄とされる)と上総の宮町海岸に行った時の話で、宿で哲学科にいたkという男の夢をみたり、海に行くとkが海月にやられたり派手な水着姿の女がいたり、ながらみ取りの幽霊は本当にいるのか等と話し合っている。海際の美しい描写を二つ載せておく ...

純文学って、こういう作品だよなぁと思わせるような地味だけど印象的な短編。大正14年、芥川33歳の時に、自分の青春時代の思い出を書いたものらしい。「ぼく」は、この7月に大学の英文科を卒業し、友人と2人で千葉の片田舎にある海辺の鄙びた宿でゴロゴロしている。

芥川龍之介の掌編小説『蜃気楼 --或は「続海のほとり」--』を読んだ。もう何回目になるのかな。話が短いからすぐに読める。 この小説が好きで、かつて原稿用紙に一篇まるごと視写したことがある。小説を書き写す行為は読むだけと違って、芥川が執筆しているような気分になれる魅力的な ...

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川 龍之介 海 の ほとり ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 海 の ほとり

Read more about 芥川 龍之介 海 の ほとり.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
When a pessimist has nothing to worry about, he worries about why he has nothing to worry about.
Guest

There is only one pretty child in the world, and every mother has it.

Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Calendar
MoTuWeThFrStSu