芥川 龍之介 河童 風刺

芥川 龍之介 河童 風刺

芥川 龍之介 河童 風刺



『河童』(かっぱ)は、芥川龍之介が1927年(昭和2年)に総合雑誌『改造』誌上に発表した小説である。 当時の日本社会、あるいは人間社会を痛烈に風刺、批判した小説であり、同じ年の芥川の自殺の動機を考える上でも重要な作品の一つであるといえる。

芥川の晩年の代表作として有名で、芥川の命日7月24日が「河童忌」と呼ばれるのもこのためである。

芥川龍之介の短編小説。 1927年3月『改造』に発表。 ある狂人の河童の国での体験談という形式の風刺小説。 機知に富む警句や逆説をふんだんに用いながら,人間社会の痛烈な批判を河童の世界に仮託して描いている。 芸術至上主義の河童詩人トックの自殺は,芸術と実人生の裂け目に落込んで ...

 · 毎年7月24日、芥川龍之介の命日にちなみ、「その日は河童忌」と呼ばれるようになった。 本日2月26日であるが、この作品が発表された1927(昭和2)年の9年後、つまり1936(昭和11)年2月26日未明、有名な「2・26事件」が発生している。

「河童」の典拠に就いては、早くからスウイフト 「ガリバー旅行記」、バトラア「エレホン」、フランス 「ペンギン鳥の島」等が吉田精一「芥川龍之介」 (「新潮文庫」昭和三十三年一月)により指摘されて いる。現状を批判する為に、風刺の一手段として別

芥川龍之介作品と「河童橋」 この橋が登場する小説『河童』は上高地から槍ヶ岳、穂高岳に至る梓川周辺を舞台とし、主人公がさまよいこんだ河童の国を通して、当時の日本社会を風刺した寓意性の高い物 …

芥川龍之介と河童 芥川龍之介の命日(7月24日)は河童忌と呼ばれている。これは自殺する直前に書いた小説が『河童』だったことから来ている。 河童の国を見たという精神病患者が語る物語で、当時の社会を風刺した作品だ。河童の国ではいろいろなこと ...

芥川 龍之介 河童 風刺 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 河童 風刺

Read more about 芥川 龍之介 河童 風刺.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Truth has only to change hands a few times to become fiction.
Guest

There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.

Guest
A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.
Calendar
MoTuWeThFrStSu