芥川 龍之介 日記

芥川 龍之介 日記

芥川 龍之介 日記



底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房 1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行 1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行 ※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。 入力:土屋隆

底本:「芥川龍之介全集8」ちくま文庫、筑摩書房 1989(平成元)年8月29日第1刷発行 1998(平成10)年2月17日第3刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」 1971(昭和46)年3月~11月刊行 入力:土屋隆 校正:noriko saito 2007年7月23日作成

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

 · 『不思議な島/芥川龍之介』の狐人的な【読書メモと感想】。『河童』のような芥川龍之介の風刺小説の一つ。ガリヴァーとサッサンラップ島で語る野菜の話は、じつは小説のことを言っている。小説が大量生産大量消費される時代の小説家のグチ?

芥川龍之介「松江印象記」初出形 [やぶちゃん注:本稿は「松江印象記」の初出である。芥川龍之介は大正4(1915)年8月5日から21日迄、畏友井川(後に恒藤に改姓)恭の郷里松江に来遊、吉田弥生への失恋の傷心を癒した。

 · 00:00:05 一 海上 00:04:55 二 第一瞥 (上) 00:09:35 三 第一瞥 (中) 00:13:18 四 第一瞥 (下) 00:17:54 五 病院 00:21:56 六 城内 (上) 00:26:10 七 城内 (中 ...

芥川龍之介、こんな作品を書いていたとは。 物語の全文が読めるサイトの青空文庫はこちら↓ www.aozora.gr.jp 一般的な昔話と違った点を挙げていくと、 先ず、桃太郎が鬼ヶ島へ鬼の征伐に思い立った理由が、 「お爺さんやお婆さんのように、山だの川だ…

芥川龍之介が内藤新宿から田端に移ったのは大正3年10月末のことです。 宮崎直次郎という道草の一中節の相弟子が田端に天然自笑軒という会席料理屋を出していて、その紹介でこの田端に移ってきていま …

成瀬 正一(なるせ せいいち、1892年 4月26日 - 1936年 4月13日)は、日本のフランス文学者である。 ロマン・ロランの翻訳・紹介をおこなった。大学卒業後まもなく創作から研究の道に転じ、九州帝国大学法文学部教授として仏蘭西 浪漫主義思想を専門とした。 43歳で病死したが、この時代の良き ...

芥川 龍之介 日記 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 日記

Read more about 芥川 龍之介 日記.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.
Guest

People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.

Guest
One today is worth two tomorrows.
Calendar
MoTuWeThFrStSu