芥川 龍之介 捨子

芥川 龍之介 捨子

芥川 龍之介 捨子



底本:「芥川龍之介全集4」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年1月27日第1刷発行 1993(平成5)年12月25日第6刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 初出:「新潮」

 · 朗読カフェメンバーによる青空文庫名作文学の朗読をお楽しみ下さい。芥川龍之介「捨児」石丸絹子朗読

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房 1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行 1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行 入力:土屋隆 校正:松永正敏 2007年6月26日作成 青空文庫 …

品「捨子」の背景には芥川龍之介自身の捨子体験、 さらには実母の姉により養家で育てられた体験の 反映があろう。 司馬遼太郎「王城の護衛者」には、会津藩主と かたもii して迎えられた松平容保の養家に残された藩始祖 かくノし

芥川龍之介の「捨子(すてご)」つづき 学生時代、同じキャンパスの空気を吸った谷崎潤一郎と、仲は悪くなかったものの、職業上は、苛烈な「文学論争」を展開された芥川さん。

芥川龍之介年表*作家【前期】時代 ... 「捨子」(『新潮』)に発表。 宮城県の青根温泉に避暑に行く(28日まで)。しかし執筆は進まなかった。 「影」(『改造』)を発表。 小穴に河童の絵を書いて送る。

底本:「芥川龍之介全集4」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年1月27日第1刷発行 1993(平成5)年12月25日第6刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月〜1971(昭和46)年11月 初出:「新潮」

あらすじで読む!芥川龍之介集 . 芥川龍之介は、主に短編小説を書き、多くの傑作を残しました。 こちらは、あの気になる作品をあらすじでまとめ、 30作品の内容が簡単に把握できる、「あらすじで読む!芥川龍之介集」です。

芥川龍之介が、六十数年前に自作「六の宮の姫 君」について何気なく洩らした発言の片鱗から、 芥川龍之介の創作の一面に明噺な論理により肉薄 していく文壇交流をテーマにした文芸推理小説に ついてその主旨を紹介しておきたい。

芥川龍之介の随筆に『点心』という面白い作品がある。この随筆の最後に、池西言水という江戸前期の俳人の俳句が紹介されている。芥川龍之介は、この俳人を以下のように評している。『(前略)言水の特色は何かと云へば、それは彼が十七字の内に、万人が知らぬ一種の鬼気を盛り込んだ手際 ...

芥川 龍之介 捨子 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 捨子

Read more about 芥川 龍之介 捨子.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Guest

The smallest deed is better than the greatest intention.

Guest
It is never too soon to be kind, for we never know how soon it will be too late.
Calendar
MoTuWeThFrStSu