芥川 龍之介 全文

芥川 龍之介 全文

芥川 龍之介 全文



芥川龍之介 禅智内供 ( ぜんちないぐ ) の鼻と云えば、 池 ( いけ ) の 尾 ( お ) で知らない者はない。 長さは五六寸あって 上唇 ( うわくちびる ) の上から 顋 ( あご ) の下まで下っている。

芥川龍之介 小田原 熱海 ( あたみ ) 間に、軽便鉄道 敷設 ( ふせつ ) の工事が始まったのは、 良平 ( りょうへい ) の八つの年だった。 良平は毎日村 外 ( はず ) れへ、その工事を見物に行った。

底本:「芥川龍之介全集 第十四巻」岩波書店 1996(平成8)年12月9日発行 底本の親本:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行 初出:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

藪の中は1922年に発表された芥川龍之介の短編小説です。事件の真相が分からないことを「藪の中」と表現しますが、この話が由来になっています。藪の中で殺人事件が起きるも、事件関係者の証言がどうにも食い違います。果たして事件の...

今日は芥川龍之介の《藪の中》を公開します。縦書き表示で全文読めますよ。総ベージ数約20枚ほどの掌編小説です。僕は芥川龍之介の小説の中で、この小説にもっとも興味を抱きます。

底本:「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年9月24日第1刷発行 1997(平成9)年4月15日第14刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:平山誠、野口英司

底本:「芥川龍之介全集2」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年10月28日第1刷発行 1996(平成8)年7月15日第11刷発行 親本:筑摩全集類聚版芥川龍之介全集 1971(昭和46)年3月~11月 入力:平山誠、野口英司 校正:もりみつじゅんじ

『芥川龍之介』より : 芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。 その作品の多くは …

芥川龍之介の「知性」 明治末から大正に入ると、日本文学は西欧の影響を 強く受けた。 夏目漱石、森鴎外に続き、 芥川 龍之介 は 、 西欧文学の影響下で、 教養主義を基盤とする文学 の基礎 を築いた。 芥川の文学に感じられる「知性」の香りは、彼の ...

芥川 龍之介 全文 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 全文

Read more about 芥川 龍之介 全文.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Contentment is contagious.
Guest

People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.

Guest
The most important ability is availability.
Calendar
MoTuWeThFrStSu