芥川 龍之介 全文

芥川 龍之介 全文

芥川 龍之介 全文



底本:「芥川龍之介全集2」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年10月28日第1刷発行 1996(平成8)年7月15日第11刷発行 親本:筑摩全集類聚版芥川龍之介全集 1971(昭和46)年3月~11月 入力:平山誠、野口英司 校正:もりみつじゅんじ

芥川龍之介 禅智内供 ( ぜんちないぐ ) の鼻と云えば、 池 ( いけ ) の 尾 ( お ) で知らない者はない。 長さは五六寸あって 上唇 ( うわくちびる ) の上から 顋 ( あご ) の下まで下って …

底本:「芥川龍之介全集 第十四巻」岩波書店 1996(平成8)年12月9日発行 底本の親本:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行 初出:「改造 第九巻第三号」 1927(昭 …

全文検索 ; 詳細検索 ... 芥川龍之介―名人芸を尊ぶ人 横関愛造 / 266 (0138.jp2) 芥川龍之介の思い出 木村毅 / 276 (0143.jp2) 秀才芥川龍之介 田中純 / 289 (0149.jp2) 芥川龍之介の歌 吉江久弥 / 298 (0154.jp2) 芥川龍之介に聯関して 青野季吉 / 300 (0155.jp2)

底本:「芥川龍之介全集5」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年2月24日第1刷発行 1995(平成7)年4月10日第6刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月

筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻: 1971(昭和46)年6月5日: 続澄江堂雑記: 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻: 1971(昭和46)年6月5日: 鑑定: 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻: 1971(昭和46)年6月5日: 一番気乗のする時: 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻

芥川龍之介 小田原 熱海 ( あたみ ) 間に、軽便鉄道 敷設 ( ふせつ ) の工事が始まったのは、 良平 ( りょうへい ) の八つの年だった。 良平は毎日村 外 ( はず ) れへ、その工事を見物に …

芥川龍之介書簡 (恋文全文) 大正五年八月廿五日朝 一の宮町海岸一宮館にて. 文ちゃん。 僕は、まだこの海岸で、本を読んだり原稿を書いたりして 暮らしてゐます。何時頃 うちへかへるか それはまだ はっきりわかりません。

芥川龍之介の{しるこ」の全文です。 「 しるこ 久保田万太郎君の「しるこ」のことを書かいてゐるのを見み、僕ぼくも亦また「しるこ」のことを書かいて見みたい欲望を感じた。

 · 自殺した芥川龍之介の遺書と「末期の目」 作家の芥川龍之介が、自殺しようとする自らの心理を解剖するように分析し、解説した遺書『或旧友へ送る手記』。 この遺書には、芥川自身が自殺の道を選んだ理由として綴った「ただぼんやりした不安」という一節も登場する。

芥川 龍之介 全文 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 全文

Read more about 芥川 龍之介 全文.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Contentment is contagious.
Guest

People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.

Guest
The most important ability is availability.
Calendar
MoTuWeThFrStSu