芥川 龍之介 作品 解説

芥川 龍之介 作品 解説

芥川 龍之介 作品 解説



芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。 その作品の多くは短編小説である。また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。『蜘蛛の糸』『杜子春』といった児童向けの作品も書いている。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。 その作品の多くは短編小説である。また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。『蜘蛛の糸』『杜子春』といった児童向けの作品も書いている。

入船町8丁目(現・

入船町8丁目(現・

→作業中 作家別作品一覧:芥川 竜之介 女形次第で 私の好きな芝居の女(旧字旧仮名、作品ID:59251) 鏡花全集に就いて (旧字旧仮名、作品ID:59238)

芥川龍之介作品集 第四巻: 1965(昭和40)年12月20日: 春の夜は: 芥川龍之介作品集 第四巻: 1965(昭和40)年12月20日: 僕は: 芥川龍之介作品集 第四巻: 1965(昭和40)年12月20日: 東洋の秋: 芥川龍之介作品集 第四巻: 1965(昭和40)年12月20日: 田端日記: 芥川龍之介全集8

芥川龍之介の生い立ちと周辺人物・代表作品を紹介 芥川のポーズを真似するほど、芥川を熱狂的に愛していた太宰。太宰のみならず、芥川は同時代のさまざまな人物たちに影響を与えていました。

芥川龍之介『手巾』の解説、感想 ... 考えるとほとんどもう芥川龍之介が書いたものは全部読んだんじゃないかなと思うので、芥川龍之介のおすすめ作品ランキングでも作ろうかなと思いました。

『鼻』は夏目漱石が称賛したことで有名な芥川龍之介の作品です。上品なユーモアのある作風が漱石の心を快くくすぐったのでしょう。ここではそんな『鼻』のあらすじから解説・感想をまとめました。

『或阿呆の一生』は、死後に発表された芥川龍之介の遺作です。自伝的な内容で、二十歳の頃の回想から、死の直前までの印象風景が描かれています。 ここでは内容をざっと紹介し、細かい点を解説してい …

芥川龍之介にとっては、ものすごく初期の作品になります。 今昔物語巻四「龍樹俗時作隠形薬語第二十四」を元ネタとし、それを … 『鼻』のあらすじ、感想、解説などなど。

 · 芥川龍之介の死因は、『ベロナール』と『ジェノアル』という「睡眠薬」の多量摂取によるものです。1927年の7月(当時35歳)のことでした。ただ、この事実はあくまで通説であって、当時の科学捜査技術では正確な死因は”わからない”とされています。

芥川 龍之介 作品 解説 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 作品 解説

Read more about 芥川 龍之介 作品 解説.

6
7
8

Comments:
Guest
Talk is cheap, until you talk to a lawyer.
Guest

Work as though everything depended on you, and pray as though everything depended on God.

Guest
If at first you do succeed, hide your astonishment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu