芥川 龍之介 作品 解説

芥川 龍之介 作品 解説

芥川 龍之介 作品 解説



芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

→作業中 作家別作品一覧:芥川 竜之介 女形次第で 私の好きな芝居の女(旧字旧仮名、作品ID:59251) 鏡花全集に就いて (旧字旧仮名、作品ID:59238)

『歯車』(はぐるま) は、芥川龍之介の小説。『玄鶴山房』、『蜃気楼』、『河童』、『或阿呆の一生』と並ぶ晩年の代表作である。 この時期の作品には自身の心象風景を小説にしたものが多いが、この作品もその一つと言える。

 · 1927年7月、日本を代表する文豪のひとりである芥川龍之介がこの世を去りました。『羅生門』や『鼻』などをはじめとする数々の作品を発表した芥川の素顔とはどのようなものだったのでしょうか。芥川の生涯に注目し、解説します。

芥川 龍之介 作品 解説 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 作品 解説

Read more about 芥川 龍之介 作品 解説.

6
7
8

Comments:
Guest
Talk is cheap, until you talk to a lawyer.
Guest

Work as though everything depended on you, and pray as though everything depended on God.

Guest
If at first you do succeed, hide your astonishment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu