芥川 龍之介 代表 作品

芥川 龍之介 代表 作品

芥川 龍之介 代表 作品



芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。 その作品の多くは短編小説である。また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。『蜘蛛の糸』『杜子春』といった児童向けの作品も書いている。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。 その作品の多くは短編小説である。また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。『蜘蛛の糸』『杜子春』といった児童向けの作品も書いている。

入船町8丁目(現・

入船町8丁目(現・

読んでおきたい芥川龍之介の代表作7選. 無駄のない研ぎ澄まされた文章から滲み出る才知、漱石の最晩年の弟子、若くして自殺した天才的な作家、芥川賞に名を残す文豪芥川龍之介。そんな芥川龍之介の代表作7作をご紹介します。 VOKKA 編集部. 66,056 views; B ...

芥川龍之介といえば、教科書にも載るほど有名な明治の文豪。代表作『鼻』や『羅生門』など、数々の傑作を残しました。今回はそんな芥川作品の中で、おすすめの5作品をご紹介します。

近代日本文化史にその名を遺した文豪「芥川龍之介」。今なお芥川作品は世界中で愛され読み手を魅了し続けています。なぜこれほどまでに芥川龍之介作品は愛さて続けているのか。名前は知っていても、実はまだどの作品も読んだ経験が無い方も多いのではないでしょうか。

芥川龍之介は言わずと知れた大作家ですね。短編小説にかけては天才的で、すさまじい数の物語を十三年ほどで生み出してきました。当ブログでは、取り上げた作品をオススメランキング化したりしており …

芥川龍之介の作品や短編集、関連書籍を10冊ご紹介してきました。 気になる1冊は見つかりましたでしょうか? 芥川の作品に1つずつ触れていきたいときは、

太宰治と共に有名で夏目漱石を師匠に持つ日本の天才小説家・芥川龍之介。「羅生門」「蜘蛛の糸」「蜜柑」「遺書」「母」などの名作、名言のたくさん詰まった魅力的な長編、芥川作品の特徴が全面に出た短編、青空文庫で読めるものなど、沢山あって迷いますよね。

芥川龍之介の処女作と語られる作品です。 芥川の生前に単行本化されることはありませんでしたが、処女作とは思えない老獪な文章構成と表現は、やはり後の文豪たる素質を客観的に表しています。

芥川 龍之介 代表 作品 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 代表 作品

Read more about 芥川 龍之介 代表 作品.

9
10
11
12

Comments:
Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Guest

A dog is the only thing on this earth that loves you more than he loves himself.

Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Calendar
MoTuWeThFrStSu