芥川 龍之介 アグニ の 神

芥川 龍之介 アグニ の 神

芥川 龍之介 アグニ の 神



アグニの神 芥川龍之介 ... 底本:「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 ...

「アグニの神、アグニの神、どうか私の申すことを御聞き入れ下さいまし」 婆さんがこう言ったと思うと、息もしないように坐っていた妙子は、やはり眼をつぶったまま、突然口を 利 ( き ) き始めました。しかもその声がどうしても、妙子のような少女 ...

『アグニの神』(アグニのかみ)は、芥川龍之介の短編小説。1921年(大正10年)に雑誌『赤い鳥』にて発表された。タイトルの「アグニの神」とは、ヒンドゥー教の火の神「アグニ」のことである。

 · 【朗読】アグニの神 芥川龍之介 1921年(大正10年)29歳の頃発表された作品。 上海にいるインド人の婆さん、亜米利加人、人力車夫や書生の遠藤 ...

『アグニの神』は1921年(大正10年)に芥川龍之介が『赤い鳥』誌上にて発表した作品です。アグニの神なる神様を遣う占い師を巡る上海が舞台の物語です。

 · 芥川龍之介作『アグニの神』のあらすじ、登場人物を紹介するページです。最後に管理人のコメントを少しだけ載せさせて ...

芥川 龍之介 アグニ の 神 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 アグニ の 神

Read more about 芥川 龍之介 アグニ の 神.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Guest

Truth has only to change hands a few times to become fiction.

Guest
The road to success is dotted with many tempting parking places.
Calendar
MoTuWeThFrStSu