芥川 龍之介 の 随筆

芥川 龍之介 の 随筆

芥川 龍之介 の 随筆



『侏儒の言葉』(しゅじゅのことば)は、芥川龍之介の随筆・警句集。大正12年(1923年)から、芥川自殺の年である昭和2年(1927年)にかけて書かれた。また、文藝春秋社の雑誌に、1923年1月号から1925年11月号にかけて連載された。なお、1939年(昭和14年)に軍人を侮辱しているという理由で次版改訂の処分を受けている。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

芥川竜之介随筆集 [芥川竜之介著] ; 石割透編 (岩波文庫, 緑(31)-070-14) 岩波書店, 2014.3

芥川龍之介さんの随筆集を読みました。 小説に劣らない、傑作が満載です。 書名:芥川竜之介随筆集 編者:石割透 発行:2014/3/14 出版社:岩波文庫 Contents 作品紹介あらすじなれそめ本の壺随筆は清閑の …

芥川 竜之介: 作家名読み: あくたがわ りゅうのすけ: ローマ字表記: Akutagawa, Ryunosuke: 生年: 1892-03-01: 没年: 1927-07-24: 人物について: 東大在学中に同人雑誌「新思潮」に発表した「鼻」を漱石が激賞し、文壇で活躍するようになる。

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房 1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行 1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行 入力:土屋隆 校正:松永正敏 2007年6月26日作成 青空文庫 …

 · 「百鬼園 戦前・戦中日記」出版の記念に百閒の別のエッセイ集をとりとめもなく紹介します。「私の「漱石」と「龍之介」」です。内田百閒の随筆のなかで、夏目漱石と芥川龍之介がでてくる箇所をほぼすべて抜き出した随筆集。(全て、だったかもしれない)もち

芥川龍之介の、随筆ばかりを読みたいのですが、あれはどこかから纏まって出版されたりしているでしょうか? やはり全集の中からちまちま見つけて読んでいくしかないですかね。そもそも全集自体、手に取ったことがないので...

呼び込むという点で、私小説と、作者が自身やその身辺について綴った随筆とはその境界が甚だ曖昧 となる。 芥川龍之介(1892~1927)は、その晩年になるに従って、上のような一人称小説を多く執筆したこ とで知られている。

芥川龍之介が亡くなった7月24日が近づいてきましたので「芥川龍之介を歩く」の第二回目として、大正2年から自殺する昭和2年まで14年間住んでいた田端を歩いてみたいと思います。

芥川 龍之介 の 随筆 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 の 随筆

Read more about 芥川 龍之介 の 随筆.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.
Guest

Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.

Guest
If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.
Calendar
MoTuWeThFrStSu