芥川 龍之介 について 論文

芥川 龍之介 について 論文

芥川 龍之介 について 論文



芥川龍之介研究 : 「トロッコ」の考察を通して 大塚 浩 静岡大学教育学部研究報告. 教科教育学篇 (47), 17-27, 2015

芥川龍之介「河童」の構成について 岡田 紀恵 樟蔭国文学 (33), 77-91, 1996-03-20

芥川龍之介「羅生門」論 ――下人の内面性について 付 自文 はじめに 「羅生門」は芥川龍之介が大正四年十一月、柳川隆之介の筆名で『帝国 文学』に発表した短編小説であり、芥川の王朝物語の第一号とされる作 品である。

〔I〕芥川龍之介『トロッコ』について(国語科)(教科研究) 白井 宏 名古屋大学教育学部附属中高等学校紀要 (23), 73-76, 1978-08-17

ところが,『蜘蛛の糸』について の論功となると,極めて少数である。坂敏弘氏による『芥川龍之介書誌・序』{4〕を参照すると,昭 和60年から平成3年の7年問で,『蜘蛛の糸』に関する初出論文はわずか!点だけにすぎない。

本論文は、芥川龍之介の前期作品研究を通じて、近代文学の可能性を問い直す試みである。芥川龍之介の作品はしばしば日本の近代文学の典型と目され、また同時に近代文学の典型から外れた浅薄な作品とも評される、両義的な存在である。

芥川龍之介「鼠小僧次郎吉」--講談本との関わりについて 奥野 久美子 日本近代文学 73, 80-95, 2005-10

芥川龍之介「鼻」論 「鼻」の題材として、『今昔物語集』巻第二八第二 「池尾禅 たゴーゴリの「鼻」などが指摘されているが、それらには芥川の珍内供鼻語」、『宇治拾遺物語』巻第二(七)「鼻長き僧の事」、ま リーを追いながら、検証を試みてみたい。

古典物語を改変した芥川龍之介『鼻』にみられる人間の深層心理を、芥川龍之介に影響を与えた人物や同作者の作品、彼の古典文学に対する見解、など様々な概念や角度から詳しく分析し、深く掘り下げていく。 芥川龍之介『鼻』 [あらすじ]池尾の高僧・禅智内供は、人並みはずれた長鼻の ...

芥川 龍之介 について 論文 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 について 論文

Read more about 芥川 龍之介 について 論文.

9
10
11

Comments:
Guest
Most of us know how to say nothing, but few of us know when.
Guest

People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.

Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Calendar
MoTuWeThFrStSu