紫式部 石山寺 源氏の間

紫式部 石山寺 源氏の間

紫式部 石山寺 源氏の間



石山寺・源氏の間. 本堂相の間の東端にある二間続きの部屋は、紫式部が参籠して『源氏物語』を書き始めた所と伝えられ、「源氏の間」とされています。

大本山石山寺(滋賀県大津市)は奈良時代創建の安産・福徳・厄除・縁結に霊験あらたかな観音霊場として信仰を集めるお寺。西国三十三所第13番札所、紫式部が源氏物語を起筆した寺、また花の寺としても知られています。hpでは観光情報も案内しております。

石山寺 紫式部 源氏の間 紫式部は、石山寺参篭中に中秋の名月(八月十五夜)が琵琶湖に美しく映るのを見て、『源氏物語』の構想を得て「須磨」の帖から書き始めたと言い伝えられています。

西国三十三所霊場のひとつで古くから観音信仰で名高い、滋賀県大津市にある石山寺は寛弘元年(1004年)、紫式部(むらさきしきぶ)が堂内に籠もり『源氏物語』須磨・明石の巻を綴った場所と伝えられます。境内の高台には源氏苑が整備され、紫式部の像も立てられています。

 · 紫式部が源氏物語を書いた場所 - 石山寺(滋賀県)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!旅行者からの口コミ(348件)、写真(774枚)と滋賀県のお得な情報をご紹介しています。

紫式部 石山寺 源氏の間 ⭐ LINK ✅ 紫式部 石山寺 源氏の間

Read more about 紫式部 石山寺 源氏の間.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

Truth has only to change hands a few times to become fiction.

Guest
Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.
Calendar
MoTuWeThFrStSu