紫式部 今様

紫式部 今様

紫式部 今様



今様とは,一般的に現代風というほどの意味で,歌曲を指して特に今様歌という場合もある。 この語が文献上に初めて現れるのは《紫式部日記》の寛弘5年(1008)8月の 条 で,同時代の《枕草子》にも見えることから,一条天皇(在位986‐1011)時代にはすでに ...

〈今様〉という言葉は、もともとは単に「今風の」という意味だったものが、次第にその一語で「今風の歌」「今様歌」を指し示すようになりました。「今様歌」がそれほどに流行したからでしょう。〈今様歌〉という言葉が文献に現れるのは、平安中期、紫式部や清少納言の頃からです。

今様とは,一般的に現代風というほどの意味で,歌曲を指して特に今様歌という場合もある。 この語が文献上に初めて現れるのは《紫式部日記》の寛弘5年(1008)8月の条で,同時代の《枕草子》にも見えることから,一条天皇(在位986‐1011)時代にはすでに行わ ...

また『紫式部日記』には,貴族が宿直のため内裏に泊まり込んでいるとき,遊びとして「読経(どきょう)あらそひ」(読経の声を競ったもの)とともに「今様歌」が歌われたことが書き留められています(寛弘5〈1008〉年8月条)。

「今様」の語が文献に見える早いものとして『枕草子』や『紫式部日記』があり、貴族社会における宴の後の「遊び」の中で、若者が自由に朗詠するに相応しいものであったことが推測される。

早く、『紫式部日記』『枕草子』などに「今様歌」の名がみえ、白河・堀川・鳥羽・崇徳の各朝に盛行、宮廷御遊の折に、朗詠とともに主要な声楽として、これを歌い興じたことが『中右記』『台記』その …

今様の歴史今様平安時代中期から鎌倉時代初期にかけて今様が流行した。しかし歴史の書物の中に初めて登場するのは一条天皇の時代である。もとは農民のなかで広まっていたが雅人親王、後の後白河院がこれに熱中し梁塵秘抄にまとめた。一説によると今様を歌いすぎて何度も喉をつぶしたと ...

七五調×四句の「今様」とよばれる、 平安時代末期にはやった詩の形式になっています。 文献として最初に見られるのは1079年成立の 「金光明最勝王経音義(こんこうみょうさいしょうおうきょうおんぎ)」、 経典の発音などを解説した書です。その巻頭に、

紫式部 今様 ⭐ LINK ✅ 紫式部 今様

Read more about 紫式部 今様.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Pick your friends, but not to pieces.
Guest

A bad habit is nothing more than a mistake repeated.

Guest
School is a building that has four walls--with tomorrow inside.
Calendar
MoTuWeThFrStSu