紀貫之 genndaigoyaku

紀貫之 genndaigoyaku

紀貫之 genndaigoyaku



『土佐日記』は四国、土佐国に赴任した紀貫之(きのつらゆき)が任期を終え、京都にもどってくるまで55日間の旅(主に船旅)を描いた平安時代の日記文学です。

土佐日記の原文と現代語訳を全て記したサイトです。現代語訳は、分かりやすく原文に忠実な言葉遣いで表し、全文全訳を対照併記しました。紀貫之が筆者を女性に仮託して記した日本初の仮名文による日記、土佐日記を完全版で御覧ください。

土佐日記の冒頭、門出の場面です。紀貫之が、筆者を女性に仮託して、『男もすなる日記といふものを女もしてみむとするなり』と書き始める有名な文章です。

【参考歌】紀貫之「拾遺集」、凡河内躬恒「躬恒集」 松のねは秋のしらべにきこゆなりたかくせめあげて風ぞひくらし 【主な派生歌】 琴の音に峰の松風かよふらしいづれのをよりしらべそめけむ(斎宮女御[拾遺]) 朱雀院の女郎花合によみてたてまつりける

今昔物語集は、平安時代末期に成立した説話集で、全三十一巻、併せて千二百余の説話を収めている。そのいづれも、原則として、「今昔」ではじまり、「トナム語リツタヘタルトヤ」で結んでいることから、「今昔物語集」と呼ばれるようになった。

巻31第21話 能登国鬼寝屋島語 第廿一 今は昔、能登(のと・現在の石川県北部)の国の沖に寝屋(ねや)という島があります。

土佐日記『門出』 ここでは、土佐日記の中の『門出』の「男もすなる日記といふものを」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文(本文) 男も(※1)すなる日記といふものを、女もしてみむとて、(※2)するなり。それの

蜻蛉日記(かげろうにっき) 作者:藤原道綱母(ふぢわらのみちつなのはは) 「黒=原文」・「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』解説・品詞分解問題はこちら蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』問題1 さて、九月 ...

百人一首 全首・全歌人 徹底解説 百人一首のすべての歌を、歌の解説はもちろん、歌人の人物・歌人同士の人間関係・歴史的背景など、さまざまな角度から解説しました。

このページでは『蜻蛉日記(かげろうにっき)【あらすじ・解説・簡単な要約・読書感想文】』を、”短く・わかりやすく” まとめています。「浮気性の夫に悩む女心」をどうぞお楽しみください!

紀貫之 genndaigoyaku ⭐ LINK ✅ 紀貫之 genndaigoyaku

Read more about 紀貫之 genndaigoyaku.

9
10
11

Comments:
Guest
Our deeds determine us, as much as we determine our deeds.
Guest

Age is a high price to pay for maturity.

Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Calendar
MoTuWeThFrStSu