紀貫之 長谷寺

紀貫之 長谷寺

紀貫之 長谷寺



紀貫之は幼少の頃、奈良 長谷寺にいる伯父の雲井坊浄真のもとに身を寄せ、教育を受けていました。十四、十五歳で都へ上り朝廷に仕えた貫之が、時を経て久方ぶりに長谷寺を訪れ、浄真と再会した時に詠んだのがその歌です。

紀貫之で梅と言えば『古今集』に収められ、百人一首にもとられている次の歌が有名です。 長谷寺の「故里の梅」の銘はこの歌にちなんだもの。 〈 本文 〉『古今集』巻一、春上、四二

紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。 下野守・紀本道の孫。 紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈 従二位。 『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

奈良県桜井市にある長谷寺(はせでら)は、真言宗豊山派の総本山です。奈良県と三重県伊勢市を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山中腹に伽藍が築かれており、牡丹の名所としても知られています。また、牡丹以外にも四季を通じて様々な花が楽しめることから、花の御

また「貫之の梅」は、幼少期を長谷寺で過ごした紀貫之が、叔父である雲井坊浄真を訪ねて再訪した際に『人はいさ心も知らず故郷は花ぞ昔の香ににほひける』と詠み、その返歌として浄真は『花だにも同じ色香に咲くものを植ゑんけん人の心しらなむ』と ...

 · 百人一首に収められた、紀貫之きのつらゆきの歌をご存知でしょうか。 実はその歌には「続き」のエピソードがあったのです。 今回はその歌の意味・背景、そして気になる「続き」についてご紹介していきます。 紀貫之の歌 それではまず百人一首に収められた、紀貫之の歌とその意味につい ...

紀貫之が寄せたとされる古今和歌集の序文「仮名序」は、日本初の歌論とされ、和歌の何たるかを説く紀貫之の繊細かつ大胆な論が書かれています。 “倭歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれり …

紀貫之故里の梅紀紀貫之故里の梅貫之故里の梅 鐘楼鐘鐘楼楼(尾上の鐘)((尾上の鐘)尾上の鐘) 瀧蔵神社瀧 蔵 神 社 名阪国名 阪 国 道 25号線号 線 瀧蔵神社 名阪国道 25 長谷寺御詠歌碑長長谷寺御詠歌碑谷寺御詠歌碑 南無十一面観世音菩薩南無十一面 ...

紀貫之 長谷寺 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 長谷寺

Read more about 紀貫之 長谷寺.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Some people treat their religion like a spare tire--they never use it except in an emergency.
Guest

If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.

Guest
Wisdom is knowing what to do next; virtue is doing it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu