紀貫之 長谷寺

紀貫之 長谷寺

紀貫之 長谷寺



紀貫之で梅と言えば『古今集』に収められ、百人一首にもとられている次の歌が有名です。 長谷寺の「故里の梅」の銘はこの歌にちなんだもの。 〈 本文 〉『古今集』巻一、春上、四二

奈良県桜井市にある長谷寺(はせでら)は、真言宗豊山派の総本山です。奈良県と三重県伊勢市を結ぶ初瀬街道を見下ろす初瀬山中腹に伽藍が築かれており、牡丹の名所としても知られています。また、牡丹以外にも四季を通じて様々な花が楽しめることから、花の御

紀貫之は幼少の頃、奈良 長谷寺にいる伯父の雲井坊浄真のもとに身を寄せ、教育を受けていました。十四、十五歳で都へ上り朝廷に仕えた貫之が、時を経て久方ぶりに長谷寺を訪れ、浄真と再会した時に詠んだのがその歌です。

長谷寺は、『源氏物語』などの古典文学にたびたび登場し、また紀貫之や松尾芭蕉など多くの歌人が歌を詠んでいます。境内には、句碑や歌碑が並んでいます。 写真:man 境内の歌碑; 長谷寺周辺のおすすめ

紀貫之が寄せたとされる古今和歌集の序文「仮名序」は、日本初の歌論とされ、和歌の何たるかを説く紀貫之の繊細かつ大胆な論が書かれています。 “倭歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれり …

紀貫之 長谷寺 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 長谷寺

Read more about 紀貫之 長谷寺.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.
Guest

Doing you best is more important than being the best.

Guest
Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.
Calendar
MoTuWeThFrStSu