紀貫之 業平

紀貫之 業平

紀貫之 業平



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。 下野守・紀本道の孫。 紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈 従二位。 『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

紀貫之は業平について「心余りて言葉足らず」と言ったが、それこそ業平が愛されてきた理由でもある。 業平の思いは言葉の技巧を待たずに溢 ...

在原 業平(ありわら の なりひら)は、平安時代初期から前期にかけての貴族・歌人。 平城天皇の孫。 贈 一品・阿保親王の五男。 官位は従四位上・蔵人頭・右近衛権中将。. 六歌仙・三十六歌仙の一人。 別称の在五中将は在原氏の五男であったことによる。. 全百二十五段からなる『伊勢物語 ...

 · 紀貫之 (きのつらゆき : 872? ~945)は、平安時代前期から中期に活躍した貴族で、日本の歴史の中でも代表的な 歌人 である。 『 古今和歌集 』の撰者の1人であり、また、平安時代の和歌の名手である 三十六歌仙 の1人としても数えられている。 また、散文作品(現在のエッセイのようなもの)で ...

 · 紀貫之以前は、和歌は貴族たちが自ら嗜むもので、「和歌のプロを招いて歌を披露させる」ということはあまりありませんでした。 紀貫之以前の歌人で有名な在原業平も大伴家持もあくまで一官僚として和歌を嗜んでいたにすぎません。

六歌仙とは、紀貫之が『古今和歌集』の「仮名序」で挙げた歌人、僧正遍照、在原業平、文屋康秀、喜撰法師、小野小町、大友黒主のことである。 貫之自身はこの六人のことを歌仙とは呼んでいないが、いつの頃からか六歌仙と称され、今日の世にまで ...

庭園内には、在原業平を追って想い叶わずに自殺したという小野篁の娘杜若姫を祀る供養塔が、また荻生徂徠の弟子が在原業平の逸話を書き付けたという亀甲碑(八橋古碑)がある。 無量寿寺の横には、日吉山王社という神社が建てられていて興味深い。

在原業平は今風に言ってしまえば、 女性にモテすぎて歴史に名を残してしまった偉大なる? チャラ男 です。 「日本三代実録」という史料では、在原業平のことを 「容姿端麗で自由奔放、漢学には疎いが和歌には優れていた。 」 としていて、イケメンだったこともわかっています。

紀貫之 業平 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 業平

Read more about 紀貫之 業平.

2
3
4

Comments:
Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Guest

People who fight fire with fire usually end up with ashes.

Guest
Joy is not in what we own...it's in what we are.
Calendar
MoTuWeThFrStSu