筒井 康隆 モナド の 領域

筒井 康隆 モナド の 領域

筒井 康隆 モナド の 領域



Amazonで筒井 康隆のモナドの領域。アマゾンならポイント還元本が多数。筒井 康隆作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またモナドの領域もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

『モナドの領域』は、八十一歳の巨匠、筒井康隆の最新長篇。文芸誌〈新潮〉二〇一五年十月号に一挙掲載、たちまち雑誌が売り切れて、急遽増刷されたことでも話題を集めた。 帯には「わが最高傑作にして、おそらくは最後の長篇」という、著者自身の言葉が引かれている。

モナドの領域 - 筒井康隆 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

『モナドの領域』(筒井康隆) のみんなのレビュー・感想ページです(98レビュー)。作品紹介・あらすじ:著者自ら「わが最高傑作にして、おそらくは最後の長篇」と宣言する究極の小説、ついに刊行! 河川敷で発見された片腕はバラバラ事件の発端と思われた。

筒井康隆最高傑作「モナドの領域」 筒井康隆 とは何者なのか? 1934年誕生、IQ178の天才少年は映画や漫画に熱中し、演劇青年となるも、古今東西の文学から哲学までを濫読し、やがてSF同人誌を自ら創刊。

筒井康隆の作品を読むのはたぶん20年以上ぶり。私はsf好きじゃないので、筒井康隆の作品は有名ドコロをさらった程度で読み込んでいない。短編集に入ってた『定年食』がトラウマで、あれを読んでから彼の作品を手にとっていなかった。「凄い作品を書く人だ

筒井康隆さんの小説『モナドの領域』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。神以上の存在got、タイトル (モナド) の意味、影響しあうパラレルワールド、無条件の愛について書いています。

筒井康隆氏の最後の長編として噂される『モナドの領域』は作家の集大成とも言える「神」をテーマに描かれた小説だ。そんな究極の作品は ...

昨日発売の「新潮」を買った。三鷹の啓文堂書店でだ。「モナドの領域」を読みたいからだった。速攻で売り切れたというので、朝イチで買いに行ってよかった。で、三〇〇枚越えの長編、腰を据えて読もうとしたら、喫茶店の椅子に座ると、腰痛がギチっと音を立てて再開する。

筒井康隆著「モナドの領域」読了しました。 以前弟がうちに遊びに来た時に置いていった本です。(積ん読となっていた) 筒井大先生の本を読んだのは、実に久しぶりでし…

筒井 康隆 モナド の 領域 ⭐ LINK ✅ 筒井 康隆 モナド の 領域

Read more about 筒井 康隆 モナド の 領域.

7
8
9
10

Comments:
Guest
It's not only quiet people who don't say much.
Guest

There is only one pretty child in the world, and every mother has it.

Guest
You can't raise much of anything if you don't raise a little sweat.
Calendar
MoTuWeThFrStSu