筒井 康隆 しゃっくり

筒井 康隆 しゃっくり

筒井 康隆 しゃっくり



おなじみ、筒井康隆の「しゃっくり」。 初期短編、時間が繰り返す話だ。昔、初めて読んだ時、新鮮で感心したが、30年ぶりくらいに再読して、面白かった。

『東海道戦争』hsfs版の再版(1967.7.25印刷 1967.7.31発行)の一部(?)は「しゃっくり」の箇所が写真の通り、乱丁になっていて、まるで物語に呼応して活字がしゃっくりを起こしたようになってます。ちょっと珍しいかなあと思って、掲載しました。

Amazonで筒井 康隆の東海道戦争 (中公文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。筒井 康隆作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また東海道戦争 (中公文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送 …

解説:田辺聖子「筒井康隆さんのこと」 真鍋 博: 東海道戦争. ハヤカワ文庫(ja) 1973年8月15日 【収録内容】 東海道戦争 いじめないで しゃっくり

ループものは、タイムトラベルを題材としたsfのサブジャンルで、物語の中で登場人物が同じ期間を何度も繰り返すような設定を持つ作品のこと 。 いわゆる「時間もの」の一種。昔からある物語の類型のひとつだが 、日本のサブカルチャーやジュブナイルもの では頻出する設定であり、半永久 ...

ひとの愚かさが変わらないかぎり、筒井康隆の小説は面白い。 つまり、筒井康隆の小説は永遠に面白いのである。 編者解説:日下三蔵 【収録作品一覧】 「いじめないで」(「NULL」10号/1964年1月) 「しゃっくり」(「SFマガジン」1965年1月号)

←『筒井康隆全集』(1983~85年・同社)全24巻のおまけエッセイをまとめたもの。 表紙は内容とイメージが違うような気がする。 1988年/新潮文庫

この作品についても、筒井康隆「しゃっくり」という作品との読み比べを薦めたい。 ソムトウ・スチャリトクル「しばし天の祝福より遠ざかり.....」は芳醇な馬鹿臭を漂わせつつも、意外な方向へと引っ張っていくこれまたループ作品。

筒井康隆『東海道戦争』 ~中公文庫、1978年~ 筒井さんの第一作品集です。9編の短編が収録されています。ごく簡単にそれぞれの内容を。 「東海道戦争」大阪と東京が戦争をはじめる。それは、マスコミ的な、大衆が喜ぶための、理由のよく分からない戦争だった。

日本人作家でループ物の小説を探しています。 タイムループものの作品を挙げる…ということでいいんでしょうか。※ネタバレになってしまう作品もありますので、以後ご注意ください。乾くるみ『リピート』(文藝春秋)香納諒一...

筒井 康隆 しゃっくり ⭐ LINK ✅ 筒井 康隆 しゃっくり

Read more about 筒井 康隆 しゃっくり.

4
5
6
7

Comments:
Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Guest

A cheerful friend is like a sunny day.

Guest
The only good thing about free advice is that the price is right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu