石の眼 安部公房 感想

石の眼 安部公房 感想

石の眼 安部公房 感想



安部 公房『石の眼』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約22件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

この機能をご利用になるには会員登録(無料)のうえ、ログインする必要があります。 会員登録すると読んだ本の管理や、感想・レビューの投稿などが行なえます

もう十分駅に着くのが早ければ待つことなく電車に乗れた。20分遅れで来た、人を轢いた電車に乗った。何も人身事故が必ずしも人の死を指すことではないと後で気付いた。前の時よりはよっぽどスムーズだった。人を殺した直後の乗り物に乗っていたと考えるか、そうでなかったか、自分と ...

[1960.6-1960.12]60年安保に取材した戯曲「石の語る日」、長編推理小説「石の眼」、ラジオのための構成詩「詩人の生涯」、童話ミュージカル「お化けの島」他を収録。

安部公房『石の眼』. 漏水問題が起こってその対処でもめるダム建設現場が舞台の話。安部公房には珍しく直接的に社会派な小説だ。それに加えてミステリ的な手法をとっていて、それが更に安部公房らしさを感じさせない。 ある一つの出来事がきっかけで、犯行が可能な人物達は異常とも ...

一番最後に読んだ安部公房の作品が珍しくリアリズムどっぷりの『石の眼』だったこともあり、未完であるという以上の物足りなさを感じた。最近読み耽ってるものに比べればいささか上品過ぎるというこ …

October 29, 2005 安部公房『石の眼』新潮文庫 文庫になっている安部長編最後の1冊。 出来の悪い社会派推理小説で、つまらなかった。 巻末解説によると『砂の女』で大ブレイク...

安部公房全集030 3月5日刊行 同全集.001.002.028.029 卒論、修論執筆者に差し上げます。希望者はメールをどうぞ。

安部公房昭和50年新潮文庫版十代のころ読んだとおもわれる安部公房を読み返しているんだが。持ってるのは昭和57年の12刷。推理小説っぽい仕立てになってて、山のなかのダム建設地に、殺し屋がやってくるところから始まる。殺し屋って言っても、ゴルゴ13みたいな感じぢゃなくて、ネズミと ...

安部公房が、芥川の「藪の中」をミステリ風に書いたらどうなるか? という問いに対する解。どうも私はこの頃の安部公房の文章には馴染めず、最後まであまり面白くなかった。読まなくて良かったな。(★★)石の眼 (新潮文庫 あ 4-10)posted with amazlet at 08.06.17安部 公房 新潮社 売り上げ ...

石の眼 安部公房 感想 ⭐ LINK ✅ 石の眼 安部公房 感想

Read more about 石の眼 安部公房 感想.

8
9
10
11

Comments:
Guest
It's always a good idea to seek the advice of others, but that doesn't mean you have to take it.
Guest

Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.

Guest
Doing you best is more important than being the best.
Calendar
MoTuWeThFrStSu