瘤 取り 太宰 治 解説

瘤 取り 太宰 治 解説

瘤 取り 太宰 治 解説



 · 概要>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。

『お伽草紙』(おとぎぞうし)は、太宰治の短編小説集。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切雀」の4編を収める。 1945年(昭和20年)10月25日、筑摩書房より刊行された。 初版発行部数は7,500部、定価は3円30銭だった

 · 1945(昭和20)年10月、筑摩書房から刊行。短編小説集として「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」の4編を収める。太宰治は、36歳。まさに戦火が熾烈を極めるなかでの創作活動 …

太宰治 「あ、鳴つた。 ... (といふやうな気がするだけの事で、別に典拠があるわけではない。もともと、この瘤取りの話は、宇治拾遺物語から発してゐるものらしいが、防空壕の中で、あれこれ原典を詮議する事は不可能である。 ...

 · 太宰治 作 『お伽草紙』より 瘤取り ―青空文庫― 朗読 日根敏晶 2018-12-29 参考 青空文庫 太宰治『お伽草紙』 https://www.aozora ...

瘤 取り 太宰 治 解説 ⭐ LINK ✅ 瘤 取り 太宰 治 解説

Read more about 瘤 取り 太宰 治 解説.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.
Guest

By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.

Guest
Doing you best is more important than being the best.
Calendar
MoTuWeThFrStSu