生と死の幻想 鈴木光司

生と死の幻想 鈴木光司

生と死の幻想 鈴木光司



Amazonで鈴木 光司の生と死の幻想 (幻冬舎文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木 光司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また生と死の幻想 (幻冬舎文庫)もアマゾン配送商品なら …

Amazonで鈴木 光司の生と死の幻想。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木 光司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また生と死の幻想もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

『生と死の幻想 (幻冬舎文庫)』(鈴木光司) のみんなのレビュー・感想ページです(15レビュー)。

生と死の幻想:鈴木光司を「メルカリ」で取引しよう、誰でも安心して簡単に売り買いが楽しめるフリマサービスです。

Pontaポイント使えます! | 生と死の幻想 | 鈴木光司 | 発売国:日本 | 書籍 | 9784877280789 | HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

 · 生と死の幻想 - 鈴木光司 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

『生と死の幻想』(1995年、幻冬舎) - のち幻冬舎文庫 『仄暗い水の底から』(1996年、角川書店) - のち角川ホラー文庫 『シーズ ザ デイ』(2001年、新潮社) - のち新潮文庫 『エール 愛を闘え、女と男』(2001年、徳間書店) - のち徳間文庫

≪内容≫ 平和で安全な世界でなければ生きる価値はない、と思う人間があまりに多すぎやしないか。どんな悪行がはびころうとも死が間近に迫ろうとも、世界は生きるに値する…。生の根源の闇と光を見据えた新世代作家の、現代日本への警告。 リングシリーズとは全く無関係です。

ほかにホラー的傾向の作品は『仄暗 (ほのぐら) い水の底から』(1997)があるが、鈴木光司の作風は本来ジャンル分けが困難な場合が多い。『光射す海』(1993)は海洋サスペンス風恋愛小説、『生と死の幻想』(1995)は純文学風な香りも高い。

生と死の幻想 鈴木光司 ⭐ LINK ✅ 生と死の幻想 鈴木光司

Read more about 生と死の幻想 鈴木光司.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Nothing is as hard to do as getting off your high horse.
Guest

People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.

Guest
Everything has its beauty--but not everyone sees it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu