滝沢 馬琴 曲亭 馬琴

滝沢 馬琴 曲亭 馬琴

滝沢 馬琴 曲亭 馬琴



曲亭 馬琴(きょくてい ばきん、明和4年6月9日(1767年 7月4日) - 嘉永元年11月6日(1848年 12月1日))は、江戸時代後期の読本作者。 本名は滝沢興邦(たきざわ おきくに、旧字体: 瀧澤興邦 )で、後に解(とく)と改める。 号に著作堂主人(ちょさどうしゅじん)など(#名前について参照)。

美術人名辞典 - 滝沢馬琴の用語解説 - 江戸後期の戯作者。江戸深川生。幼名は倉蔵、本名は興邦のち解、字は吉甫、別号に曲亭馬琴・著作堂主人・蓑笠漁隠等。亀田鵬斎に入門し、黄表紙を出す。『椿説弓張月』『南総里見八犬伝』等読本に力を入れ第一人者の地位を占める。

デジタル大辞泉 - 曲亭馬琴の用語解説 - [1767~1848]江戸後期の読本作者。江戸の人。本姓は滝沢。名は興邦(おきくに)。別号、大栄山人・著作堂。山東京伝に師事して黄表紙「尽用而二分狂言(つかいはたしてにぶきょうげん)」を発表。以後、合巻(ごうかん)・読本と盛んに著作。

滝沢馬琴(たきざわばきん) 曲亭馬琴(きょくていばきん) 京都通百科事典(r)の詳細解説のページです。京都観光・京都検定受験の参考にもして頂ければ幸いです。

馬琴は作家になってからのペンネームで、本名は興邦、あるいは解といいます。ちなみにこの馬琴というペンネームは正式には「曲亭馬琴」。「滝沢馬琴」という呼び方は本名とペンネームの組み合わせで、後世に使われるようになったもののようです。

曲亭馬琴 家族・系譜 系譜武家出身でありながら商人となった馬琴は、寛政10年(1798年)に長兄・興旨が死亡して兄弟のうちただひとりが残されたことで、「滝沢家」の歴史とその再興を強く意識するようになった。滝沢一族...

滝沢 馬琴 曲亭 馬琴 ⭐ LINK ✅ 滝沢 馬琴 曲亭 馬琴

Read more about 滝沢 馬琴 曲亭 馬琴.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Maybe the reason so many folks have their backs to the wall is that they have been putting up too much of a front.
Guest

It is better to know some of the questions and all the answers.

Guest
If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.
Calendar
MoTuWeThFrStSu