渡部 直己 村上 春樹

渡部 直己 村上 春樹

渡部 直己 村上 春樹



渡部 直己(わたなべ なおみ、1952年 2月26日 - )は、日本の文芸評論家。 男性。元早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系教授。. 秋山駿、蓮實重彦、平岡篤頼、柄谷行人、金井美恵子、ジャン・リカルドゥー、ロラン・バルトらの影響を強く受ける。 。いわゆる「テクスト論」の ...

 · ――かねてから春樹に対する苦言を呈してきた文芸評論家の渡部直己と小谷野敦。両氏に"嫌う理由"を徹底的に聞いた。

 · 早稲田大学の渡部直己教授がセクハラをしたという記事を読んで愕然とした。私は1997年からの2年間、近畿大学の大学院で渡部直己の授業に出ていた。修士論文の副査にもなってもらった。渡部直己は私の恩師である。修士課程を終えて、他の大学に進学して以降も、数年に一度程度だが会う ...

『村上春樹スタディーズ 05』栗坪良樹・柘植光彦 編、若草書房、1999年10月。 isbn 4-948755-50-8。 『村上春樹スタディーズ 2000-2004』今井清人 編、若草書房、2005年5月。 isbn 4-948755-85-0。 『村上春樹スタディーズ 2005-2007』今井清人 編、若草書房、2008年3月。

初期の村上春樹がデタッチメントの作家と呼ばれる所以は、評論家 渡部直己が黙説法と細部描写と評する作風を根拠にすることができる。例えば、処女作『風の歌を聴け』(1979)の登場人物は固有名を持 …

渡部直己(早稲田大学教授)「過度な求愛」でモテたかった文学批評 『ノルウェイの森』、『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1q84』長年にわたってベストセラーを生み出し続ける村上春樹氏は、1968年に ...

渡部直己といえば、村上春樹を「最悪の文学」と罵倒し、林真理子らの小説は紋切型の「電通文学」だと蓮實重彦そっくりの文体で嘲笑するかたわら、作家になりたいという夢を抱いて早稲田大学文芸コースに進んだまじめな文学少女を、教授という立場を ...

渡部 直己 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ 渡部 直己 村上 春樹

Read more about 渡部 直己 村上 春樹.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.

Guest
Most of us know how to say nothing, but few of us know when.
Calendar
MoTuWeThFrStSu