清少納言 993年

清少納言 993年

清少納言 993年



993年に一条(いちじょう)天皇の中宮定子(ていし)のもとに出仕し、約10年間の女房生活を送った。清少納言の清は清原氏を意味するが、なぜ少納言とよばれるかは明らかでない。

993年に一条(いちじょう)天皇の中宮定子(ていし)のもとに出仕し、約10年間の女房生活を送った。清少納言の清は清原氏を意味するが、なぜ少納言とよばれるかは明らかでない。

清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。 随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。 本名は清原 諾子(きよはら の なぎ …

そして993年、清少納言が30歳くらいの時に一条天皇の妃である中宮定子に仕えるため、宮中に出仕しました。 定子と清少納言の仲は非常に良く、当時貴重だった 紙を定子に貰った事が枕草子執筆のきっかけ …

清少納言 993年 ⭐ LINK ✅ 清少納言 993年

Read more about 清少納言 993年.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Guest

Tact is the ability to close your mouth before someone else wants to.

Guest
Years wrinkle the skin, but lack of enthusiasm wrinkles the soul.
Calendar
MoTuWeThFrStSu