清少納言 高炉法の雪

清少納言 高炉法の雪

清少納言 高炉法の雪



『香炉峰の雪』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中の「香炉峰の雪」(雪のいと高う降りたるを〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 書籍によっては「雪のいと高う降りたるを」と題するものもあるようです。 ※清少納言は平

清少納言枕草子. 雪のいと高う降りたるを 例ならず御格子まゐりて 炭櫃に火おこして 物語などして集まりさぶらふに 「 少納言よ 高炉峰の雪 いかならむ」 と仰せらるれば 御格子あげさせて 御簾を高くあげたれば 笑はせ給う。

香炉峰の雪に込めた清少納言の想い. 以上が『香炉峰の雪』の内容なのですが、見方によっては、清少納言自身の機転の早さと定子に褒められたという自慢話のように見えなくもないですよね? 確かにそのような意図も、多少はあったのかもしれません。

「 遺愛寺の鐘は枕をそばだてて聴き、 香炉峰の雪は簾をかかげてこれを看る 」 (訳) 遺愛寺の鐘の音は臥したままマクラを斜めに 立てて聴き入り、 香炉峰(山)に積もっている雪は簾を巻き上げて眺めている。 イラスト付き香炉峰(こうろほう)の雪 昨年 11月22日(水) に行った鳥 …

雪の降った日に、中宮さまが「少納言、香炉峰の雪はどうであろうか」とお聞きになった。すかさず清少納言は白楽天の詩をふまえて、サッと簾をかかげた。一同、清少納言の機転に「すごーい」と感心した、という話です。

香炉峰の雪 白居易(白楽天)の詩の一節。元々は七言律詩だが、藤原公任が編纂した『和漢朗詠集』にも一部分が次のように採録されている。 遺愛寺の鐘は枕を欹 そばだ てて聴く. 香炉峰の雪は簾を撥 かか げて看る 〔遺愛寺の鐘は枕を斜めにして聴く。

高校講座home >> 古典 >> 第30回 随筆 枕草子 (6) ~雪のいと高う降りたるを~ 古典. ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50

枕草子を書いた清少納言は「高炉峰の雪は・・・」と中宮定子に質問され、格子をあけ、御簾をあげて当意即妙の返事を返した。 中国の古典の素養があったという所についてお尋ねします。漢文勉強はこの頃の上流階級などの女子は家...

枕草子の『高炉峰の雪』で どうして、『香炉峰の雪』の話をだしたのか。 どうして笑ったのか。 人々は誰のどんなところに感心したのか。教えてください!!!! 第一回答者korishou1さんの、>そうしたら、清少納言は、「香鑪峯の雪は簾を撥(かかげ)て看(み)る」ですから、簾を上 …

はじめに ここでは中国の詩人白居易が詠んだ漢詩、『香炉峰下新卜山居草堂初成偶題東壁(香炉峰下、新たに山居を卜し草堂初めて成り、偶東壁に題す)』の原文(白文)、書き下し文と現代語訳(口語訳)、そしてその解説を記しています。 この漢詩は、

清少納言 高炉法の雪 ⭐ LINK ✅ 清少納言 高炉法の雪

Read more about 清少納言 高炉法の雪.

5
6
7

Comments:
Guest
Some people treat their religion like a spare tire--they never use it except in an emergency.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.
Calendar
MoTuWeThFrStSu