清少納言 石山寺

清少納言 石山寺

清少納言 石山寺



大本山石山寺(滋賀県大津市)は奈良時代創建の安産・福徳・厄除・縁結に霊験あらたかな観音霊場として信仰を集めるお寺。西国三十三所第13番札所、紫式部が源氏物語を起筆した寺、また花の寺としても知られています。hpでは観光情報も案内しております。

紫式部は「源氏の間」と呼ばれる部屋や石山寺の庭園で「源氏物語」の構想を練ったという。 紫式部の他にも、「枕草子」の清少納言、「蜻蛉日記」の藤原道綱母、「和泉式部日記」の和泉式部、「更級日記」の菅原孝標女という錚々たる顔ぶれが、石山詣 ...

清少納言といえば「春はあけぼの…」で知られる枕草子が有名でしょう。千年以上前に執筆されたこの随筆は現在にも通じるものがあり、人間の感性は変わらない事を伝えてくれます。 とはいえ、清少納言 …

清少納言と、同時代の『源氏物語』の作者・紫式部とのライバル関係は、後世盛んに喧伝された。 しかし、紫式部が中宮彰子に伺候したのは清少納言が宮仕えを退いてからはるか後のことで、2人は一面識さえないはずである 。 紫式部が『紫式部日記』(『紫日記』)で清少納言の人格と業績 ...

「清少納言こそ、したり顔にいみじう…」紫式部の痛烈批判『源氏物語』の作者・紫式部による日記には、他の女房たちを批判している箇所があります。その中でも特に有名なのが、『枕草子』の作者としてやはり彼女と同じくらい著名な清少納言への批判です。

また、石山寺は日本の文学作品と深い繋がりがあります。清少納言の「枕草子」にはこの寺の名前がはっきりと登場しますし、紫式部の「源氏物語」の着想も、このお寺から得たものだと言われています。 見どころは国宝に指定されている本堂と多宝塔

石山寺(いしやまでら) は、滋賀県大津市にある東寺真言宗に属する寺院です。 紫式部(むらさきしきぶ) の名著である「源氏物語(げんじものがたり)」生誕の地としても知られ、その境内は春は桜、秋は紅葉の名所としても有名です。 そんなこのお寺の見どころは、 「紫式部も愛した近江八景 ...

紫式部は、平安時代に活躍した文学者である。主著は『源氏物語』『紫式部日記』。生没年はわかっていない。一条天皇の中宮・彰子に仕えながら書いた『源氏物語』は世界最古の長編小説である。紫式部の日記『紫式部日記』とともに当時の宮廷儀礼や風俗を知る貴重な史料なっている。

境内のご案内 | 大本山石山寺(滋賀県大津市)は奈良時代創建の安産・福徳・厄除・縁結に霊験あらたかな観音霊場として信仰を集めるお寺。西国三十三所第13番札所、紫式部が源氏物語を起筆した寺、また花の寺としても知られています。hpでは観光情報も案内しております。

清少納言 石山寺 ⭐ LINK ✅ 清少納言 石山寺

Read more about 清少納言 石山寺.

4
5
6
7

Comments:
Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Guest

There is one art of which man should be master--the art of reflection.

Guest
We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.
Calendar
MoTuWeThFrStSu