清少納言 石山寺

清少納言 石山寺

清少納言 石山寺



大本山石山寺(滋賀県大津市)は奈良時代創建の安産・福徳・厄除・縁結に霊験あらたかな観音霊場として信仰を集めるお寺。西国三十三所第13番札所、紫式部が源氏物語を起筆した寺、また花の寺としても知られています。hpでは観光情報も案内しております。

紫式部も清少納言も参籠した「石山寺」(その1) 西国三十三カ所札所の第13番。 平安時代には「観音信仰の霊場」として信仰を集め、石山寺参籠は「王朝文学のテーマ」にもなりました。

境内のご案内 | 大本山石山寺(滋賀県大津市)は奈良時代創建の安産・福徳・厄除・縁結に霊験あらたかな観音霊場として信仰を集めるお寺。西国三十三所第13番札所、紫式部が源氏物語を起筆した寺、また花の寺としても知られています。hpでは観光情報も案内しております。

 · 紫式部は「源氏の間」と呼ばれる部屋や石山寺の庭園で「源氏物語」の構想を練ったという。 紫式部の他にも、「枕草子」の清少納言、「蜻蛉日記」の藤原道綱母、「和泉式部日記」の和泉式部、「更級日記」の菅原孝標女という錚々たる顔ぶれが、石山詣 ...

花ごよみ | 大本山石山寺(滋賀県大津市)は奈良時代創建の安産・福徳・厄除・縁結に霊験あらたかな観音霊場として信仰を集めるお寺。西国三十三所第13番札所、紫式部が源氏物語を起筆した寺、また花の寺としても知られています。hpでは観光情報も案内しております。

交通案内 | 大本山石山寺(滋賀県大津市)は奈良時代創建の安産・福徳・厄除・縁結に霊験あらたかな観音霊場として信仰を集めるお寺。西国三十三所第13番札所、紫式部が源氏物語を起筆した寺、また花の寺としても知られています。hpでは観光情報も案内しております。

清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。 随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。 本名は清原 諾子(きよはら の なぎ …

また石山寺は縁結びや安産のご利益があるお寺として有名で、この土地を舞台とした恋物語も多く書かれているのも特徴のひとつです。 例えば、清少納言の「枕草子」や藤原道綱母の「蜻蛉日記」、菅原孝標女の「更級日記」にも石山の名称が登場。

石山寺本堂には「源氏の間」が造られている。「和泉式部日記」、「蜻蛉日記」(藤原道綱の母)「枕草子」(清少納言)などの文学作品にも石山寺は登場する。

清少納言 石山寺 ⭐ LINK ✅ 清少納言 石山寺

Read more about 清少納言 石山寺.

4
5
6
7

Comments:
Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Guest

There is one art of which man should be master--the art of reflection.

Guest
We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.
Calendar
MoTuWeThFrStSu