清少納言 枕草子 nhk

清少納言 枕草子 nhk

清少納言 枕草子 nhk



清少納言が四季折々(しきおりおり)に「をかし」と思ったことは、今のわたしたちとけっこう同じです。『枕草子』を今どきの女の子が書いたら、こんなふうになります…。

紫式部が源氏物語を書きはじめた頃、才覚を現した清少納言。約300の文章が収められている枕草子は、季節や自然の移ろい、人びとの思いなどを書いた随筆として知られる。

『枕草子』は、清少納言が宮中の暮らしのなかで見聞きしたことや考えたことなどを、かたちにとらわれず、記したものです。たとえば第一段では、季節のなかで最も趣があると感じる瞬間を切り取っています。春は、日の出前。ほのぼのと夜が明けるとき。

平安中期、清少納言が中宮定子のもとに出仕した7年間の宮中経験や、その間に感じた物事を綴った日本最古のエッセイ集『枕草子』。当時、初めて散文に取り入れられた風景描写、男女間のエチケットなど、作者独自の観…

nhk高校講座 国語総合 第31回 [古文] 随筆 枕草子 うつくしきもの (清少納言)

「枕草子」 読書の秋、10月は古文の授業で必ず登場する清少納言の「枕草子」を取り上げます。優れた人間観察や風景描写が散りばめられた随筆 ...

>> 第31回 [古文] 随筆 枕草子 うつくしきもの (清少納言) 国語総合. ラジオ第2放送 毎週 金曜日・土曜日 午後8:10〜8:30 ※この番組は、前年度の再放送です。 朗読の部屋; 出演者紹介; 今回の学習

※この番組は、前年度の再放送です。 1/1 朗読「枕草子うつくしきもの (清少納言)」(1分59秒) 制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) この ...

『枕草子』は、一条天皇の中宮定子に仕えた清少納言が記した随筆です。 「ものはづくし」と呼ばれる類聚的章段には、無造作なものを集めた「ないがしろなるもの」など、平安時代の女房である清少納言が感じたことが率直に記されています。 地名を列挙するだけに見える段にも歌枕が記さ ...

【原文をじっくり聞いて知る!古典文学のおもしろさ】番組では、教科書に掲載されている古文や漢文などの“ 古典文学”の名作を、人気 ...

清少納言 枕草子 nhk ⭐ LINK ✅ 清少納言 枕草子 nhk

Read more about 清少納言 枕草子 nhk.

9
10
11

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.

Guest
The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.
Calendar
MoTuWeThFrStSu