清少納言 日記

清少納言 日記

清少納言 日記



清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。本名は清原 諾子(きよはら の なぎこ)とされている 。

『松島日記』(まつしまにっき)は、鎌倉時代に成立したとみられる日本の紀行文。清少納言の著書であると信じられていた時期もあるが、現在では否定されている。

新潮古典文学アルバム 7 枕草子・紫式部日記 清少納言 /著 、 紫式部 /著 1,430円 (税込)

平安後期王朝の女房日記、女房歌集には、このような要素が多く見られるのだけれど、清少納言の場合、「まくらごと」の配列が目に付く。 同種類の「まくらそうし」のなかで清少納言の日記に属するものが著名となるに及んでその名をもっぱらにしたのだ ...

 · 『紫式部日記』の中の清少納言. 原文はこんなカンジです。 清少納言こそ、したり顏にいみじう侍りける人。さばかり賢しだち、眞字書き散らして侍るほども、よく見れば、まだいと堪へぬこ …

清少納言による随筆。鎌倉時代の『方丈記』(鴨長明)、『徒然草』(兼好法師)と並び、三大随筆と称されています。 「うつくしきもの」「にくきもの」といった類聚的章段、「春はあけぼの」といった随想的章段、一条天皇の中宮 定子に仕え、藤原斉信・藤原行成らと交流した宮中の生活を活写 ...

清少納言 日記 ⭐ LINK ✅ 清少納言 日記

Read more about 清少納言 日記.

2
3
4

Comments:
Guest
Everything has its beauty--but not everyone sees it.
Guest

Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.

Guest
All the world's a stage, but most of us are stagehands.
Calendar
MoTuWeThFrStSu