清少納言 墓

清少納言 墓

清少納言 墓



 · 清少納言と聞いて、あなたはどんなことを思い浮かべますか?歌集が有名ではあるけれど、明らかにされている歴史が少なく、語られることも少ない謎多き女性、清少納言。今回は、清少納言のお墓の場所や、お墓が建てられた経緯などをご紹介したいと思います。

流浪の旅に出た清少納言が鳴門市の里浦に流れ着いたという伝承があります。清少納言の墓碑がある「天塚堂」と、毎月10日の講義を行う「清少庵」は、観音寺から北へ約750mのところにあります。

清少納言のお墓の候補は四国地方にたくさん存在しています。とくに徳島県のあま塚と香川県の清塚は、現代まで清少納言の墓として伝えられてきました。ほかには京都などに墓があったとする説もあるようですが、なぜ多くの人は四国に墓があると考えるのでしょうか。

清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。 随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。 本名は清原 諾子(きよはら の なぎ …

清少納言の墓が徳島県鳴門市里浦町にあります。地元に残る伝説によると、夫と離婚後に仕えた中宮定子が死亡したあと、宮仕えをやめ、京都から鳴門へやってきました。しかし、地元の漁師に辱めを受け、これを悲しんだ清少納言は海に身を投げて自殺したというのです。

「夏は夜。月のころはさらなり。」 枕草子で有名な清少納言の墓はどこにあるのでしょう。 東京法令出版の話題源によると遺跡や伝承は以下の6ケ所。メモしておきます。 1.四国 讃岐の国の金刀比羅宮 2.四国 阿波の国の鳴門市里浦町 3.近江の国の清塚 太田南畝の「一話一言」にあり。

清少納言 墓 ⭐ LINK ✅ 清少納言 墓

Read more about 清少納言 墓.

4
5
6
7

Comments:
Guest
The best thing you can spend on your children is time.
Guest

In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.

Guest
Better to be square than to move in wrong circles.
Calendar
MoTuWeThFrStSu