清少納言 墓

清少納言 墓

清少納言 墓



清少納言と聞いて、あなたはどんなことを思い浮かべますか?歌集が有名ではあるけれど、明らかにされている歴史が少なく、語られることも少ない謎多き女性、清少納言。今回は、清少納言のお墓の場所や、お墓が建てられた経緯などをご紹介したいと思います。

流浪の旅に出た清少納言が鳴門市の里浦に流れ着いたという伝承があります。清少納言の墓碑がある「天塚堂」と、毎月10日の講義を行う「清少庵」は、観音寺から北へ約750mのところにあります。

清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。 随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。 本名は清原 諾子(きよはら の なぎ …

清少納言の墓が徳島県鳴門市里浦町にあります。地元に残る伝説によると、夫と離婚後に仕えた中宮定子が死亡したあと、宮仕えをやめ、京都から鳴門へやってきました。しかし、地元の漁師に辱めを受け、これを悲しんだ清少納言は海に身を投げて自殺したというのです。

【あまづか】あま塚は、鳴門の海岸近くの路地裏にひっそりとある。案内板はあるが、自動車で進入するのをためらうような場所にある。案内板によると、このあま塚と呼ばれるお堂には、清少納言の墓が安置されている。地元の言い伝えでは、清少納言はこの地で亡くなったという。

清少納言 墓 ⭐ LINK ✅ 清少納言 墓

Read more about 清少納言 墓.

4
5
6
7

Comments:
Guest
The best thing you can spend on your children is time.
Guest

In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.

Guest
Better to be square than to move in wrong circles.
Calendar
MoTuWeThFrStSu